>
☆管理人:haschiken

ドラえもん好き。
外国語好き。
本が好き。
音楽も好き。
流行りものとは無縁…

管理人のtwitter
そしてそのtwilog

★記事がおもしろければお気軽にコメントを。
★トラックバックもご遠慮なくどうぞ。(残すかどうかの判断は当然管理人がします)
★記事引用の場合は、引用の後ひとこと声をかけてくれればうれしいです。このブログからの引用であることを、明記してくださるよう、お願いします。
★リンクはご自由に。

☆リンク☆

藤子F関係ブログ
TheSkyBeans
commonplace days
パンポロリン!
青い空はポケットの中に
藤子不二雄ファンはここにいる
はなバルーンblog
博士のイチゴな愛情
スコシフシギ(SF)な日々
月あかりの予感
何かいいこときっとある♪
今をトキめかない
並平満夫の日記
ガキ大将☆ブログ
わさドラブログ



藤子F関係HP
藤子不二雄atRANDOM
藤子・F・不二雄FAN CLUB
ドラえもんSuperDatabase
アニメドラえもん公式サイト


その他
笑う門には福来たる!
ひらめ・とーく

Blog People

> アニメドラえもん評9/9
さぁ、お待ちかね!
当ブログ久しぶりのメインコンテンツ(?)ですよ!

これからは毎週恒例にしていきたいものです。

なんかねぇ。
あらためて半年前に自分が書いたアニメ評を読んでみると、全然今と文章の勢いが違うのがわかる。
あのころは大山ドラに対して、言いたいこと、我慢ならないことがいっぱいあったもんなぁ…
リニューアルで、ぼくの理想型にかなり近いところまでいってくれたことで、批判する点はほとんどなくなったのは良かったんだけど、同時に僕のアニメを見る視点も少々ぼやけてしまったようで、前ほど鋭く語れなくなったような気がする。
うんうん、今日もおもしろかった。
原作通りのセリフ、構図はすばらしい。
オリジナルシーンも上手くできてた。
……


それだけで終わるのは、悪くないし、また幸せなことなんだろうけど、読む側としてはつまらんな、と。
批判じゃなくても、奥深い記事を書きたいなぁ、と。
ふと思いました。

さて、その話はとりあえずおいといて、。

今日の二本。
「ペコペコバッタ」(てんコミ1巻)
「ジャイ子の恋人=のび太」(てんコミ22巻)

どっちもおもしろかったですねぇ。
両方とも休み無く連続ギャグがおそってくるパターンの話で、どこかでツボにはまればその後ずっと笑えます。

それから、今日の作画は、リニューアル直後の気合い入った状態に近くなってくれていて、そのこともおもしろさが増す一因になっていたと思う。
とくに二本目でののび太の絶望の表情は、かなり笑えました。
最近ははっきり言って作画が崩れていたり(「ゆめふうりん」はひどかった)、昔に戻っていたり(もはや中村・富永両氏の作画ははっきり言って違和感ありまくり)で、オイオイって思ってたので、これはうれしかったね。
名前は忘れてしまったけど、二本とも同じ作画監督で統一されていたのも良かった。

さぁ、本編にいきますか。



「ペコペコバッタ」

これは僕は、特におもしろいとは思っていなかった作品なのだけれど、今日のアニメでは結構笑えたのが意外だった。

ペコペコバッタの動きに、申し訳なさそうに頭をかくしぐさが取り入れられていて、なかなかコミカルでいい味をだしていた。

誰もが「謝る」ことのみに情熱をかけ、謝るためには人に迷惑をかけてもかまわない、という展開がばかばかしい。

タダシ君の首つりシーン、強盗の切腹シーンなんかが消えてしまったのはちょと残念。「ばかばかしさ」で笑う話だから、そういう自殺のシーンも「ばかばかしさ」を強調するいい効果が出せていると思うんだけど。
「自殺」ネタは完全に封印されてるみたいですなぁ。
タダシくんの、
「やっぱり死のう」
なんかは、あったほうがより笑えるんだけど…

それから、追加エピソードとしてしずちゃんの懺悔。
あれもなかなか効果的。
悪いことでも、黙ってたほうが相手のためになることだって、あるのだ。(^^ゞ

それから、選挙カーを登場させたのは時事的なネタかなぁ?
どれくらい前にアニメが作られてるのかよく分からないので、はっきりとしたことは言えないけど。なかなかおもしろい仕上がりになっていた。

余談になるけど、いま是非やってもらいと思ってたのが、
「ポータブル国会」
もう来週になると遅いが、いまこのときほど
カイサン
「あまりむちゃしたら、自動的にこわれる装置がついてるんだ」
のセリフが生きてくる時期もそうはあるまい。


「ジャイ子の恋人=のび太」


これはもう、のび太の表情に尽きるなぁ。
ジャイアンに連れ回されてるあいだ、全く気力喪失の絶望状態。これだけでかなり笑えます。
ジャイ子の無表情さにも。

もちろん、ジャイアンの手を握らされ、愛の告白を強要させられるというはちゃめちゃな展開もたまりません。
そして、それを目撃してしまったスネ夫の心中は…

細かいことだけど、今回のび太もドラえもんも、ジャイ子のことを呼び捨てにしていたのが気にいった。
ジャイ子についてはいままでいろいろ書いてきたのであまりつっこまないが、しずちゃんがのび太にとって正の運命の女性なら、ジャイ子はいわば負の運命というべきものを表しているキャラクター。
だから、最近のび太たちがジャイ子をちゃん付けで呼んでいたのはどうもなじめなかった。

それから、スカンタコはかけても気分悪くならないのね。
(¬¬)

ラスト、しずかちゃんの
「いや~、こないで!」
は、かなりキツイなぁ。
公園であんなこと言われたらかなりへこみますね。



さて、次回は
きみのためです! 「ミチビキエンゼル」(てんコミ3巻)
ウグッ、グフ… ムムム… 「家がだんだん遠くなる」(てんコミ14巻)

とくに二本目はのび太の表情に期待大!
でも、見た感じ旧アニメに近い画なんだよなぁ…


あ、そうそう。
ドラえもん音頭が、マイナーチェンジしてましたね。
マジーさん登場はまぁいいとして、動きがドラえもんと微妙にずれてるよ・・・
[PR]
by haschiken | 2005-09-09 22:30 | アニメドラえもん

非日常の楽しいことを求めて
by haschiken
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
> 検索
> 最新のトラックバック
大阪フィルハーモニー交響..
from オペラの夜
おめでとう!!藤子・F・..
from 藤子マニアのギター弾き
だい!ぜん!しゅう!
from TheSkyBeans
『藤子・F・不二雄大全集..
from はなバルーンblog
藤子・F・不二雄大全集 ..
from commonplace days
祝・藤子・F・不二雄大全..
from MiSTTiMES Blog
ネコでも分かる「新のび太..
from 壊れかけのAKi-Radio
藤子・F・不二雄大全集刊..
from 青い空はポケットの中に
で、結局『緑の巨人伝』は..
from Ashiko K Milk
映画ドラえもん『のび太と..
from 青い空はポケットの中に
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧