>
☆管理人:haschiken

ドラえもん好き。
外国語好き。
本が好き。
音楽も好き。
流行りものとは無縁…

管理人のtwitter
そしてそのtwilog

★記事がおもしろければお気軽にコメントを。
★トラックバックもご遠慮なくどうぞ。(残すかどうかの判断は当然管理人がします)
★記事引用の場合は、引用の後ひとこと声をかけてくれればうれしいです。このブログからの引用であることを、明記してくださるよう、お願いします。
★リンクはご自由に。

☆リンク☆

藤子F関係ブログ
TheSkyBeans
commonplace days
パンポロリン!
青い空はポケットの中に
藤子不二雄ファンはここにいる
はなバルーンblog
博士のイチゴな愛情
スコシフシギ(SF)な日々
月あかりの予感
何かいいこときっとある♪
今をトキめかない
並平満夫の日記
ガキ大将☆ブログ
わさドラブログ



藤子F関係HP
藤子不二雄atRANDOM
藤子・F・不二雄FAN CLUB
ドラえもんSuperDatabase
アニメドラえもん公式サイト


その他
笑う門には福来たる!
ひらめ・とーく

Blog People

> 金曜ドラえもん評
今日のドラえもん。
タイトル(「のび太の埋蔵金」「悪い子バンド」)見たときから今週はたいしておもしろくないだろうなぁ、と期待してなかったんだが…
ま、こんなものか。予想通りってとこだね。

「のび太の埋蔵金」

「宝探し」と、「タイムマシンで伝説の現場を見に行く」という、よくあるパターン。(それが悪いと言ってるんじゃないよ。この「パターン」の数々はドラえもんの様式美とも言えますから)

ストーリー的にはつまらなくはなかったですねぇ。
ただオチはもう少し別なものにはできなかったんだろうか。とってつけたようにジャイアンとスネ夫の関係を持ち出してきて終わるんですが、そもそもこの話の中でジャイアンとスネ夫はほとんど出てこないじゃん!
だからといって400年前の姫も殿様もあの二人のそっくりさんである必要は全く感じなかったし。つーかあの殿様はおかしいだろ!ってつっこみが全国的に行なわれたのではないだろうか。何がって?? 見た目が。ただでさえ異質なあのスネ髪に加えてちょんまげ。うーん、僕は突っ込みましたね。月代ぐらい剃れ!って。さらにラーメンマンみたいな髭まで生やしちゃって、見た目のバカさ加減では志村けんも尻尾をまいて逃げ出しそうなバカとのぶり。

あと、ジャイアンのそっくりさんが女性キャラになるってのは最近ちょくちょく見かけるような気がする。
おそらく「のび太の創生日記」の生贄の女性の影響だと思うんだけど…

例によって話をそらすと、あの生贄の女性。
顔は確かにジャイアンそっくりだが、僕はそれよりも「ジャイ子」のそっくりさん、という読み方をしてる。
ジャイ子のそっくりさんに見初められたノビ彦(のび太のそっくりさん一族)。これは連載初期の、ジャイ子と結婚する運命にあった不幸なのび太、の投影ととらえられなくもない。つまり、あの大長編の「野美一族」は単に時代ごとののび太のそっくりさんというだけでなく、あの一族の歴史に連載以来ののび太ひとりの歴史を重ねて読み取ることがもしかしたらできるかも知れない。
そういう目でみると、チュン子に出会い、のび太に助けてもらった野比奈は、のび太とドラえもんの出会い、そしてそれによって運命が変わっていくことを再現しているのかも。

さて、アニメにもどるけど、今日のアニメはもうひとつ「創世日記」の影響を感じるところがありました。
伝説というものはある事件をその当時の人間が都合よく説明するために創作されたもの、っていうことがギャグとして描かれていること。
創生日記に限らず、「T・Pぼん」なんかでもよく描かれることなんだけど、あの… うまく言えないけど、ぼくはこういうのに知的な香りを感じてとても好きなのだ。
単なるギャグと読んでももちろんいいんだけど、それだけじゃなくって、もしかしたら、現実もこんなもんだったんじゃないかな、と思わせる、伝説に人間の臭いをまとわせた説得力
今日のアニメは全くギャグでしかないけど、たとえば「創世日記」。
鬼は(おそらくは山賊かなんか)討伐する立場、の侍が言い訳のためにつくりだした怪物、という設定とか、ノンビ少年がポツンと発した一言から人類に「神」の概念が生まれたりするのを読むと、現実の世界もこんな感じで神話や伝承が生まれていったんじゃあないかな、という気になるのは僕だけじゃないと思う。
(鬼に関しては僕は「創世日記」より、「桃太郎のなんなのさ」の漂流してきた西洋人説のほうが有力だと思ってますが)

ドラえもんは夢を与えてくれる漫画、とよく言われてて、だからすばらしいんだという人が多かったり、それを安易だと批判する人がいたりするんだけど、僕に言わせればそれはちょっと違ってて、上に書いたような意味で夢に釘を刺してくれる漫画でもあると思う。
「楽しくてゆめみたい」
「夢じゃないよ、だからそろそろ帰らなくちゃ」
という39巻メルヘンランドでのドラえもんのセリフにはものすごい深みを感じる。

だからこそ(と言えると思う)、物語最初ののび太とドラえもんの掛け合いではドラえもんはもうちょっとクールであってほしかった。埋蔵金伝説に興味津々なドラえもんはちょっとイメージがちがうなぁ。
のび太が
「埋蔵金なんて、あるわけない!」
って言ってたけど、それはドラえもんのセリフじゃないかなぁ。
ドラえもんは未来の世界から来たロボット、ってこと、最近忘れてません? 大山さん。

最後はあまり関係のないところで辛口になっちゃったかな。

あ、あと「ペコペコバッタ」なんていう、たいしてメジャーでない道具がなんの説明もなく使われてましたねー。いまの子達はあれどんな道具かしってるのかな??

もう一本の「悪い子バンド」は無難な名作というところか。
いや、いいストーリーだと思うよ。
だれでも一度や二度経験する不幸や、それにともなって感じるひねくれた考えが描かれてて、結局のび太の人の良さに救われるっていう。
ドジバンを貼られた強盗未遂のおじさんみたいなはなし。

話の展開はよく似てても、「悪魔のパスポート」のまさに悪魔的世界からは程遠い話でした。
[PR]
by haschiken | 2005-01-14 22:25 | アニメドラえもん

非日常の楽しいことを求めて
by haschiken
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
> 検索
> 最新のトラックバック
大阪フィルハーモニー交響..
from オペラの夜
おめでとう!!藤子・F・..
from 藤子マニアのギター弾き
だい!ぜん!しゅう!
from TheSkyBeans
『藤子・F・不二雄大全集..
from はなバルーンblog
藤子・F・不二雄大全集 ..
from commonplace days
祝・藤子・F・不二雄大全..
from MiSTTiMES Blog
ネコでも分かる「新のび太..
from 壊れかけのAKi-Radio
藤子・F・不二雄大全集刊..
from 青い空はポケットの中に
で、結局『緑の巨人伝』は..
from Ashiko K Milk
映画ドラえもん『のび太と..
from 青い空はポケットの中に
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧