>
☆管理人:haschiken

ドラえもん好き。
外国語好き。
本が好き。
音楽も好き。
流行りものとは無縁…

管理人のtwitter
そしてそのtwilog

★記事がおもしろければお気軽にコメントを。
★トラックバックもご遠慮なくどうぞ。(残すかどうかの判断は当然管理人がします)
★記事引用の場合は、引用の後ひとこと声をかけてくれればうれしいです。このブログからの引用であることを、明記してくださるよう、お願いします。
★リンクはご自由に。

☆リンク☆

藤子F関係ブログ
TheSkyBeans
commonplace days
パンポロリン!
青い空はポケットの中に
藤子不二雄ファンはここにいる
はなバルーンblog
博士のイチゴな愛情
スコシフシギ(SF)な日々
月あかりの予感
何かいいこときっとある♪
今をトキめかない
並平満夫の日記
ガキ大将☆ブログ
わさドラブログ



藤子F関係HP
藤子不二雄atRANDOM
藤子・F・不二雄FAN CLUB
ドラえもんSuperDatabase
アニメドラえもん公式サイト


その他
笑う門には福来たる!
ひらめ・とーく

Blog People

> 最近の二枚
今年の初めにつくったHMVのポイントカードがそろそろ一杯になりそうだったので、近くの店に行ってきた。

思い起こせば、カード作った時は、
「まぁこんなポイントなんてかなり無理して買わないと値引きがある目安の数値まで到達しないんだけどね。」
なんて言ってたのに、けっこう簡単に到達してしまった。
ダブルポイントの日をよく使ったとはいえ、そうやこの一年で持ってるCDだいぶ増えたよなぁ…
もう、CDと文庫本の置き場が慢性的に不足してる。そこらへんに積んであるだけ。

さて、今回はとりあえず買いたかったのがエミネムのベスト「Curtain Call」。
僕が初めて買ったラップのCDとなりました。
もともとこの分野には全く疎くて、「ラップ」と「ヒップホップ」という言葉の区別も分からなかったし、アーティストにしてもエミネムぐらいしか名前知らない。
ラジオなどから漏れ聞こえてくるラップも、だるいし、リズムが挑発的で、あまり好きなジャンルじゃあ無い。
でもエミネムのノリは嫌いじゃなかったんで、ベストアルバムが出たんなら買おうかな、と。
で、聴いてみたら予想以上に気に入った。
二曲目の「Fack」は聴いててイラつくものの、その他はなかなかいいノリじゃないか。歌詞は下品なことを言ってるようだけど、さすがに聴いてるだけでは何言ってるかはっきりとはわからんので、気にはならない。(それでも「Fack」はだいたいわかるが。)これならこの手の音楽も悪くないかも。もう二つ三つ聴いてみたいなと思ってるんだけど、詳しい人、なんかおすすめとかあります?? 初心者向けに解説してくれるサイトを探してみたんだけど、どうも(僕にとっては)コアなところしかヒットしなくて。

あ、そうそう。
「ラップ」と「ヒップホップ」という言葉についてもわかりましたよ!
ついこないだまでは、
「早口でべらべらたたみかけるのがラップ?? けだるくブツブツつぶやくのがヒップホップ??」
とか思ってましたからね。

どうやら、「ラップ」というのは例の、歌詞の韻によってメロディを作り出す音楽の一技法を指すのに対して、「ヒップホップ」というのはラップを含め、ブレイクダンス、ストリートアートなどの20世紀末のアメリカ黒人文化の運動の総称として使われる言葉だそうな。
ははー、なるほどね。
ということは、「ヒップホップ」というのはどちらかというと、ヨーロッパで言う、ロマン主義とか印象主義、表現主義、実存主義のような広い範囲を指す言葉なのね。なるほどなるほど。
みなさん、知ってました??
でも、たいていの人、ラップとヒップホップをほぼ同義につかってるよね??

「Curtain Call」だけではポイントが一杯にならなかったので、もう一枚買いましたよ。
ドイツのポップグループ、die Prinzenの「D」というアルバム。
こちらはエミネムに比べるとまったりしてますな。
このアルバムでは、その名も「Deutschland」(ドイチュラント:ドイツの意)という歌のサビが印象的でした。
ドイツの国民性や、歴史などを皮肉ったうえで、
Das alles ist Deutschland - das alles sind wir
Das gibt es nirgendwo anders - nur hier, nur hier
Das alles ist Deutschland - das sind alles wir
Wir leben und wir sterben hier

これがすべてドイツさ  すべてが僕らなんだ
こんなのはどこにも無くて、 ここだけ、ここだけさ
これがすべてドイツさ  みんな僕らのことだ
僕らはここで暮らし ここで死ぬんだ
            
                           haschiken訳

というサビが来る。
耳あたりのいいメロディと合わせて「お、なかなかいいじゃん」と思わせる。

この詞、「ドイツ」部分を入れ替えれば、どこの国の誰でも使えるフレーズだけど、自分の国について心の底からこう言うことってなかなか難しい。都合の良いことだけを強調する愛国心でもなく、必要以上に自分たちの欠点を嘆くでもなく、自分たちを深く理解し、受け止めた上でそれを愛する健全な愛国心を皆が持てたらいいのにな、とふと考えさせる歌でした。
※本当にドイツ人がそういう考え方に至ってるかどうかは別問題です。まずそんなことはないでしょう。
[PR]
by haschiken | 2005-12-26 16:59 | 音楽

非日常の楽しいことを求めて
by haschiken
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
> 検索
> 最新のトラックバック
大阪フィルハーモニー交響..
from オペラの夜
おめでとう!!藤子・F・..
from 藤子マニアのギター弾き
だい!ぜん!しゅう!
from TheSkyBeans
『藤子・F・不二雄大全集..
from はなバルーンblog
藤子・F・不二雄大全集 ..
from commonplace days
祝・藤子・F・不二雄大全..
from MiSTTiMES Blog
ネコでも分かる「新のび太..
from 壊れかけのAKi-Radio
藤子・F・不二雄大全集刊..
from 青い空はポケットの中に
で、結局『緑の巨人伝』は..
from Ashiko K Milk
映画ドラえもん『のび太と..
from 青い空はポケットの中に
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧