>
☆管理人:haschiken

ドラえもん好き。
外国語好き。
本が好き。
音楽も好き。
流行りものとは無縁…

管理人のtwitter
そしてそのtwilog

★記事がおもしろければお気軽にコメントを。
★トラックバックもご遠慮なくどうぞ。(残すかどうかの判断は当然管理人がします)
★記事引用の場合は、引用の後ひとこと声をかけてくれればうれしいです。このブログからの引用であることを、明記してくださるよう、お願いします。
★リンクはご自由に。

☆リンク☆

藤子F関係ブログ
TheSkyBeans
commonplace days
パンポロリン!
青い空はポケットの中に
藤子不二雄ファンはここにいる
はなバルーンblog
博士のイチゴな愛情
スコシフシギ(SF)な日々
月あかりの予感
何かいいこときっとある♪
今をトキめかない
並平満夫の日記
ガキ大将☆ブログ
わさドラブログ



藤子F関係HP
藤子不二雄atRANDOM
藤子・F・不二雄FAN CLUB
ドラえもんSuperDatabase
アニメドラえもん公式サイト


その他
笑う門には福来たる!
ひらめ・とーく

Blog People

> 10年という時の流れ
藤子.F.不二雄先生の逝去から10年。

あまりそんな実感は無いのだけれど、ぼーっとしている間に時はゴウゴウと流れ、十年というひとつの節目を迎えた。
いや、スコシフシギな視点に立てば、十年を節目とするのは単に僕らが十進法を使っているだけで、たいした意味はないのかもしれないけれど。

それでも、かなりの時間が経ったことは事実だ。
当時12才の中学1年生だった僕も、22才(もうすぐ23才だ!)の社会人になってしまった。F先生亡き後に生まれて来た子どもたちが、のび太の年齢を超えようとしている。


この十年で、ドラえもんをはじめF作品が失ったものはやはり大きいとは思う。
ドラえもん以外の作品は急速に忘れ去られてしまったし、ドラえもんは大きく様変わりしてしまい、キャラクター先行型のアニメ中心になってしまって、本来のストーリーのおもしろさが消えてしまった。
2005年のわさドラによるリニューアルである程度の方向の修正が行われはしているが、大きな目で見れば、それが成功するかどうかはまだまだ危ういような気がする。

「古典」として作品を守ることと、現在進行形の作品として新しいものを作り出すことの両立、これが難しい。



…非常にまとまりの無い文章になってしまいましたね。
最近の動向についていろいろ思うことはあるのですが、どうもなんと言えばいいか。
今日は時間も無いので、このへんで一回切ります。
[PR]
by haschiken | 2006-09-23 11:58 | その他藤子F関連

非日常の楽しいことを求めて
by haschiken
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
> 検索
> 最新のトラックバック
大阪フィルハーモニー交響..
from オペラの夜
おめでとう!!藤子・F・..
from 藤子マニアのギター弾き
だい!ぜん!しゅう!
from TheSkyBeans
『藤子・F・不二雄大全集..
from はなバルーンblog
藤子・F・不二雄大全集 ..
from commonplace days
祝・藤子・F・不二雄大全..
from MiSTTiMES Blog
ネコでも分かる「新のび太..
from 壊れかけのAKi-Radio
藤子・F・不二雄大全集刊..
from 青い空はポケットの中に
で、結局『緑の巨人伝』は..
from Ashiko K Milk
映画ドラえもん『のび太と..
from 青い空はポケットの中に
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧