>
☆管理人:haschiken

ドラえもん好き。
外国語好き。
本が好き。
音楽も好き。
流行りものとは無縁…

管理人のtwitter
そしてそのtwilog

★記事がおもしろければお気軽にコメントを。
★トラックバックもご遠慮なくどうぞ。(残すかどうかの判断は当然管理人がします)
★記事引用の場合は、引用の後ひとこと声をかけてくれればうれしいです。このブログからの引用であることを、明記してくださるよう、お願いします。
★リンクはご自由に。

☆リンク☆

藤子F関係ブログ
TheSkyBeans
commonplace days
パンポロリン!
青い空はポケットの中に
藤子不二雄ファンはここにいる
はなバルーンblog
博士のイチゴな愛情
スコシフシギ(SF)な日々
月あかりの予感
何かいいこときっとある♪
今をトキめかない
並平満夫の日記
ガキ大将☆ブログ
わさドラブログ



藤子F関係HP
藤子不二雄atRANDOM
藤子・F・不二雄FAN CLUB
ドラえもんSuperDatabase
アニメドラえもん公式サイト


その他
笑う門には福来たる!
ひらめ・とーく

Blog People

> さすがは一流!
毎度ごぶさたです…

3日ほど前からPCの調子がおかしくなってしまいまして、なぜかインターネットが使えなくなってしまっております。
ネットワークにはつながってるみたいなのに、セキュリティソフトがどうもおかしくなってしまったみたいで、そっちのほうで接続をブロックしてるみたい。
なんのためのセキュリティソフトなんだ!? って感じですが…



さてさて、久々の記事はさらりと。
最近買ったCDについてでも。


小曽根真『Reborn』


『THEドラえもん展』が大阪は天保山のサントリーミュージアムで始まったのは… 調べてみたら2002年の夏らしい。
ということは僕が大学1年生の頃か。
あれ? 高校生だったような記憶もあるけど。
まぁ、とにかく、サントリーミュージアムへ見に行った。

そこで流れていたのが、小曽根真の『ドラえもんのうた』と『青い空はポケットさ』

けれども、当時の僕は原作以外の『ドラえもん』には全くといっていいほど興味が無かったので、あの展覧会自体、たいしておもしろいと思っていなかった。
(今でも原作第一! なスタンスは変わらないけれど、『わさドラ』のおかげで今では原作からある程度距離をおいた作品も楽しんで見られる余裕が少しでてきた)
ジャズに関しての知識も興味も無かったし、小曽根真の名前も知らなかったので、「ジャズ風にしたの、あ、そう」のような感じでたいして気にも留めなかった。
シングルCDを会場で売っていたけれど、「シングルCDのくせに1200円は高い!」なんて思って買わなかった…

まぁ、家に帰ってから母親に
「小曽根真がアレンジしてるドラえもんならけっこう値打ちあるんじゃないの?」
といわれて初めて、あぁその人は有名な人なんだなぁ、と知ったぐらいだったから、無理も無いか。
日本初の世界的ジャズピアニストだ、ということはその何年か後に知った。


さて、時は流れ、僕の『ドラえもん』に対する姿勢も幾分か穏やかになり、また趣味を拡げてジャズを聴くようになったこのごろ、ふと、この曲のことを思い出して、収録されているアルバムを探して買ってみた。

「DORAEMON no uta」は7曲目。
(ていうかローマ字で書いてあるのがなぜだかとっても可笑しいんだけどw)

でも、その「DORAEMON no uta」に行き着くまでにもいい演奏がいっぱい!
いや、1曲目の「Reborn」が、CDをかけた瞬間、とっても心地よくて、綺麗なメロディが流れてくる。
3曲目のピアノのタッチも絶妙で、なんかとっても清らかな感じがする。

これが小曽根真か!

というか、ジャズはいままで、ビル・エヴァンスやらソニー・クラークなんかの古い「名盤」といわれるものしか聴いていなかったので、新しい綺麗な録音のものを聴いたのがはじめて。だから、アルバムを通して、今まで僕が(クラシックやポップスなどで)知っていたのとは少し違ったピアノの音色が聞こえてくる。
50年代、60年代の録音に不満があるわけではないけれど、やっぱりそれらと比べると21世紀の録音はすごい。音楽の「表情」のようなものの表現力が段違いだ。
その新鮮さ、スタンダードナンバーを集めたというこのアルバムのメロディの良さ、アレンジの上品さ、などなどとっても楽しめるCDだった。
「ドラえもんのうた」1曲で済ませてしまうにはもったいないアルバムだと思う。

その「ドラえもんのうた」のアレンジはお茶目というか、明るく元気いっぱい、といったイメージ。
「これを聴いて外国語を喋るドラえもんが見えたら、僕としては成功」
とライナーノートには書いてあるけれど、たしかに大山ドラでもわさドラでもない、もっとはっちゃけてそうなドラえもんが浮かんでくる感じ。

あぁ、これなら俄然『青い空はポケットさ』のほうも聴いてみたくなってきた~。
どんな風にアレンジされてるか知らないけど、あの曲のメロディはすっごくジャズ向きだと思うから。


あのシングル買っとけば良かったなぁ…
[PR]
by haschiken | 2007-04-01 02:01 | 音楽

非日常の楽しいことを求めて
by haschiken
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
> 検索
> 最新のトラックバック
大阪フィルハーモニー交響..
from オペラの夜
おめでとう!!藤子・F・..
from 藤子マニアのギター弾き
だい!ぜん!しゅう!
from TheSkyBeans
『藤子・F・不二雄大全集..
from はなバルーンblog
藤子・F・不二雄大全集 ..
from commonplace days
祝・藤子・F・不二雄大全..
from MiSTTiMES Blog
ネコでも分かる「新のび太..
from 壊れかけのAKi-Radio
藤子・F・不二雄大全集刊..
from 青い空はポケットの中に
で、結局『緑の巨人伝』は..
from Ashiko K Milk
映画ドラえもん『のび太と..
from 青い空はポケットの中に
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧