>
☆管理人:haschiken

ドラえもん好き。
外国語好き。
本が好き。
音楽も好き。
流行りものとは無縁…

管理人のtwitter
そしてそのtwilog

★記事がおもしろければお気軽にコメントを。
★トラックバックもご遠慮なくどうぞ。(残すかどうかの判断は当然管理人がします)
★記事引用の場合は、引用の後ひとこと声をかけてくれればうれしいです。このブログからの引用であることを、明記してくださるよう、お願いします。
★リンクはご自由に。

☆リンク☆

藤子F関係ブログ
TheSkyBeans
commonplace days
パンポロリン!
青い空はポケットの中に
藤子不二雄ファンはここにいる
はなバルーンblog
博士のイチゴな愛情
スコシフシギ(SF)な日々
月あかりの予感
何かいいこときっとある♪
今をトキめかない
並平満夫の日記
ガキ大将☆ブログ
わさドラブログ



藤子F関係HP
藤子不二雄atRANDOM
藤子・F・不二雄FAN CLUB
ドラえもんSuperDatabase
アニメドラえもん公式サイト


その他
笑う門には福来たる!
ひらめ・とーく

Blog People

<   2005年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧
新ドラえもん評5/27
こないだのドラえもん。
「のび太の地底国」

アニメ公式サイトの予告をみていたら、
みんながそれぞれ『折りたたみハウス』を使って、勝手に自分の家を建てはじめてしまったから、大変なことに… !?

と書いてあったので、がらりと話を変えてくるのかな、と思っていたら、なんのことはない、出木杉の
「きちんとした都市計画をたてなくちゃ」
というセリフを際立たせるためだったのね…

んで!
その出木杉なんですけどね…

今日が初登場ということで、どういう声、容姿になってるか、注目してたんですが…

イマイチ

全体的に、イヤミな雰囲気を感じてしまったときが何度かあったのよね~。
表情も、喋り方も、声も。

これは出木杉というキャラとしては大失敗だと僕は思う。

むかし書いたように、出木杉というのは、他の漫画にでてくるような優等生キャラと違って、能力、性格ともに非の打ち所がない完全無欠なキャラであるわけだから。
その意味で、優等生すぎた先代の声も、出木杉を上手に表現できていた、とは言いがたいと思う。
てゆーか、んなこと言ってたら実際の人間が演じるには絶対何らかの無理が生じそうだ。

声そのものも、男の子に聞こえないときが少なからずあった。
声をあてているのはテレビ朝日のアナウンサーということだそうだ。

おいおい…
同じ声のプロとはいえ、主観を徹底的に排して冷静にニュースを伝えるアナウンサーと、キャラクターを深め、己の分身として命を吹き込む声優とでは、まったく仕事内容が違うと思うんだけど…

これまで、しずかママやスネ夫ママ、ノビスケ、先生などの脇役に大物声優が名を連ねていた(といっても僕自身は声優に詳しくないので高山みなみぐらいしかわからないけど)だけに、最重要脇役ともいえる出木杉はどんな人になるか、と期待していたんだけれど。あまりいい結果とは言えないのではないか。

さて、ストーリーのほうは、と言うと…
今回はけっこう毒を効かせた仕上がりになっていたんじゃないか、と思う。

原作では「ネタ」のひとつとして使われていた全体主義批判を、意識的に際立たせた演出だなぁ、という感想を持った。

アニメオリジナルシーンとして、のび太が馬鹿げた自分の銅像をつくろうとするくだりと、出木杉を中心としたレジスタンス活動がリアルに描かれていたのがそれに当たる。

たしかにこの作品は、原作においても、恐怖政治が誕生するプロセスが、カリカチュアライズされながらもリアルに描かれていて、それに気づいてから改めて読んだときは、ぞくりとさせられたものだ。

のび太首相が掲げるスローガンは決して間違っているわけでもなく、国民は賛同し、彼に警察権力を委ねてしまう。
徐々に国家を私物化しはじめ、
「のび太国ばんざいを叫ぼう!」
と浮かれるのび太を、皆はバカらしく思いながらも深く考えることなく調子を合わせる。出木杉が、
「とくに問題はないんじゃないかな」
と冷静に対応するシーンをアニメでみていて、知識人と一般市民層の両方の支持を得て成立したナチス政権が戯画化されているように感じ、薄ら寒さを感じた。

そういった風刺性をもった作品として、今回のアニメも出来は良かったと思う。

ジャイアンの声も少し良くなったような気がするしね。
あ、声といえばドラえもん!
そろそろ板についてきた感じもしますね~。
今回はなんといっても
「ばかだね~、じつにばかだね~」のセリフですな。
その後のひそひそ声も含めて、なんともいえない「らしさ」が感じられて良かった。

そして忘れてはいけないミニシアター!
ついにあの作品がアニメ化されました。
てんコミドラえもん最短編として、伝説的ともいえる「ボールにのって」
ミニシアターはじまって最初のシーンを目にした瞬間、
おぉっ! ついにきた!
と思いましたね~。

次回は
「入れかえロープ物語」(←タイトルかわっとるぞ)
「漫画家ジャイ子」
の二本だそうで、またまたみどころたっぷり。

おとなしいだけじゃないしずちゃんの新たな一面、そして新しいジャイ子のキャラに注目ですね!(もうイギリスのペンフレンドとは縁を切ってくれよ


ランキング参加中(もはやあんまり意味がないような気も…)



[PR]
by haschiken | 2005-05-30 00:11 | アニメドラえもん
「イルカ」  あるクイズ番組によせて
世界 ふしぎ発見! を久しぶりに見た。

昔はよく見た番組なんだけど、長いあいだみていない間にけっこう模様替えしていて、不思議な感じだった。
視聴者参加型テレビ番組ってのはどうも…

テーマは義経。
おい、NHKのおこぼれを狙うなよ。

ま、どうでもいいけど、義経ってやっぱ人気あるのかね。
確かに劇的な人生ではあるけれどね。
なんか今年のNHKのドラマの義経が生き延びてチンギス・ハーンになりそうな予感がしてるんです。
毎回見ているわけではなく、ごくたまに目にする程度なんだけど、あるときオープニングを見て、そういうヒラメキが頭をよぎったんだよね~。
あのオープニング、白馬が草原をずっと走ってるじゃない。あのイメージが、僕の頭の中でチンギス・ハーンとむすびついたわけ。
もちろんそれだけのことで、なんの根拠も無い単なる予感なんだけどね。

それはさておき、「ふしぎ発見!」の第一問目が、壇ノ浦で平家が吉凶を占うのに使った動物は?
というものだった。
はじめはひらめきから、
「ウミネコ?」
とか思ってたけど、クロヤナギさんが「いるか」と答えているのを見て、あ、これだ! と思った。
理由は、「T.P.ぼん」にイルカがでてくるからw。

ところでクロヤナギさんはなんであの番組であんなに正解率が高いんでしょうね。著書(言わずと知れたトットちゃんシリーズね)を読む限りそれほど頭がいいとも思えないし…

ま、正解は「イルカ」だったわけです。
T.P.ぼん、恐るべし。

実際にはT.P.ぼんの中ではイルカはべつな役割を果たす動物として登場しているんだけれど、実際の歴史記述からあらたなネタを巧妙に作りだす、F先生おそるべし、ですな。

あ、ご存知ですか? T.P.ぼん。
ふとしたことから、タイムパトロール隊員となった少年が、様々な歴史の現場へ出かけて行くさまを描いた、藤子・F・不二雄晩年の作品。
ドラえもんに、タイムパトロールという組織は出てきますが、それとは設定が異なっています。いずれにせよ、F先生の歴史への興味の深さがうかがえる傑作と言えるでしょう。
[PR]
by haschiken | 2005-05-28 23:33 | 日々
ロックの感想を書くのは初めてでは?
心斎橋のHMVに行って、CDを買ってきた。

一月ほど前に同じ店でたまたまかかっていたthomというミュージシャンのistoryというアルバム。店内でかかっているのを聞いたときは、「U2そっくり]とか思ってその日は帰ったのだけれど、その後耳から離れなくなった時期があって、やっぱり欲しいな、と思っていたのだ。
アマゾンで探すと国内版しか無く、どうせなら安い輸入版を、と我が家の近くの小さなHMVに行ったら国内版すら置いておらず…
だったので、今度心斎橋に行ったら忘れずに買おう、と思っていたのだ。

で、これが一枚1890円のところ、二枚買えば一枚あたり1690円になるというキャンペーンの対象商品。
と、いうことで、それならもう一枚買うか、とまんまとキャンペーンにはまる。
しばらく店内をうろうろしたあと、ドイツのPOPグループ die PrinzenのHardChorというアルバムにしておいた。

istoryを聴いた感想は:
やっぱU2に似てる、というか同じような雰囲気を持ってる。声もだし、なんというかサウンド全体が。
U2の音楽を聴いてると、なんか独特な風が吹いているような感じをいつも持つんだけれど、同じようなものを感じる音楽だと思った。
でも、なんかベースの音が大きすぎるのでは? 
ちょっとブワブワといいすぎてるのでは、という気もした。

全体的には気に入った。車の中で聴いたりしたらよさそう。
[PR]
by haschiken | 2005-05-27 18:08 | 音楽
新ドラえもん評5/13
なんと、今月に入ってからはじめての記事。

なんでだろうね。
書きたいことはけっこうあったりするんだけれど。なかなか書く時間が…

さて、今日のドラえもん。
(なんか最近ドラえもんの話しか書いてないよな~。もちろんこのブログで一番重要なテーマではあるんだけど)
これまでは(ジャイアン以外は)手放しで褒めてきたけど、先週ぐらいからそろそろ各声優の「くせ」が感じられてきたように思う。
それがこなれてくれば「個性」につながるだろうし、アニメの作品としてのクオリティは高いままなので、とくに文句はないけれど。

タイムふろしき
古い作品だけれど、ほぼ原作どおりの演出でした。
壊れたテレビを
「このチャンスにカラーに買いかえましょう!」
というセリフを、どう現代風にアレンジするか注目してたけど、無難に
「新しいのに」
ということになってましたね。
今なら、「プラズマに」とか、「薄型に」とでも言うかな~なんて思ってたけど、そうではなかった。
ま、のび太は
「大きいやつ」と言ってたので、想定されてるのは薄型大画面テレビなんだろうけど。
どうでもいいけど、あれ高いよね。洗濯機やカメラどころじゃない。
カメラも、「デジカメ」とかに変えてくるかな、と思ってたらそうはいかずに、パパの趣味的なカメラのままでした。
いろんなところで、原作通りだったのはもはや当たり前なのでいちいち触れないことにする。


タンポポ空を行く
セリフの微妙な変更などはあったものの、これも基本的には原作と同じ構成。
ラストシーンをどうするかな、とみていたけれど、ここも原作通り。
原作は素晴らしいラストなのだけれど、はっきり言ってアニメ向きではない。ちょっと尻切れトンボになってしまったような印象があるので、ここはもうすこし別の演出でも良かったのではないかと思う。
この記事でも触れたように、この話は、タンポポとの語らいを通してのび太が成長してゆく物語であるが、実際はのび太は自分自身と語らっているのである
ファンタグラスという道具がすごいのは、これが動植物と話をする機械ではなく、自分の心に思っていることを動植物の言動として映し出す、ということである。タンポポとの対話=自分との語らいを続けていくうちに、のび太は外の世界を避け、自分の世界に閉じこもり始める。
ドラえもんは、
「自然を愛する豊かな人間性」
を説いたが、のび太は知らず知らずのうちに、その愛に溺れかけてしまうのだ。
のび太は後に裏山ともそういう関係になり、そのときはドラえもんが命がけでのび太と裏山両方を説得しにかかるのだが、今回はのび太はタンポポ(=自分自身)から、
「そのままではいけないのだ」
ということを教えられる。
タンポポの子供が恐れるように、そしてのび太が言うように、外の世界は辛く、厳しい。
しかし、それは避けることは出来ないし、誰もが、タンポポでさえ、立ち向かわねばならないのだ。

ドラえもんはよく
「夢と希望を与えてくれるマンガ」などと言われる。
ドラえもんに限らず、子供向けマンガの枕詞のようになっているような感もあるが、僕はそれは厳密には違うと思っている。
ドラえもんは、たしかに
「こんなこといいな、できたらいいな」
というマンガではあるが、それだけではなく、安易な夢にクギを刺し、現実に生きることの大事さを強く訴えてくるマンガだと思っている。
それが、ドラえもんというマンガの魅力の重要な部分を占めているのではないか、と。


ランキング参加中



[PR]
by haschiken | 2005-05-14 00:39 | アニメドラえもん
   

非日常の楽しいことを求めて
by haschiken
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
> 検索
> 最新のトラックバック
大阪フィルハーモニー交響..
from オペラの夜
おめでとう!!藤子・F・..
from 藤子マニアのギター弾き
だい!ぜん!しゅう!
from TheSkyBeans
『藤子・F・不二雄大全集..
from はなバルーンblog
藤子・F・不二雄大全集 ..
from commonplace days
祝・藤子・F・不二雄大全..
from MiSTTiMES Blog
ネコでも分かる「新のび太..
from 壊れかけのAKi-Radio
藤子・F・不二雄大全集刊..
from 青い空はポケットの中に
で、結局『緑の巨人伝』は..
from Ashiko K Milk
映画ドラえもん『のび太と..
from 青い空はポケットの中に
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧