>
☆管理人:haschiken

ドラえもん好き。
外国語好き。
本が好き。
音楽も好き。
流行りものとは無縁…

管理人のtwitter
そしてそのtwilog

★記事がおもしろければお気軽にコメントを。
★トラックバックもご遠慮なくどうぞ。(残すかどうかの判断は当然管理人がします)
★記事引用の場合は、引用の後ひとこと声をかけてくれればうれしいです。このブログからの引用であることを、明記してくださるよう、お願いします。
★リンクはご自由に。

☆リンク☆

藤子F関係ブログ
TheSkyBeans
commonplace days
パンポロリン!
青い空はポケットの中に
藤子不二雄ファンはここにいる
はなバルーンblog
博士のイチゴな愛情
スコシフシギ(SF)な日々
月あかりの予感
何かいいこときっとある♪
今をトキめかない
並平満夫の日記
ガキ大将☆ブログ
わさドラブログ



藤子F関係HP
藤子不二雄atRANDOM
藤子・F・不二雄FAN CLUB
ドラえもんSuperDatabase
アニメドラえもん公式サイト


その他
笑う門には福来たる!
ひらめ・とーく

Blog People

<   2007年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
最終バスジャック
だるい月曜日の通勤電車の中より(帰り道);


昨日、何気なしにまた『エスパー魔美』のDVDを見ていたのだけれど、

『最終バスジャック』のエピソード。あれがかなりグッときた。
「毎日毎日同じ道ばかり…
たまには自分だけの道を走りたいものだ…」
という路線バス運転士の気持ち。
その気持ちのリアリティがいままでになく実感できる。

仕事を始めてそろそろ1年経つ。
いや、いままでの学生時代でも、日常から少し逃れたい、一休みしたいという気持ちになることはあった。
でも、学生時代は逃れようと思えばそれは逃れることができた。少し体調が悪くなれば学校でもなんでも休めばよかったし、大学生の頃には学校へ向かう電車をふと降りてその駅周辺をぶらつく、というようなことを年に1度(か、もうちょっと)はしていた。

いま、大人になってそんなことができなくなってみると、そうしたい、日常を離れたいという衝動が、今までとは全然違うかたちで自分に迫ってくるときがある。
突然失踪する人とか、愚かなかたちで羽目を外してしまう人というのはこの気持ちの延長にあるのだなぁ、と思う。


そんななか、アニメ中の運転士が言った言葉
「私にはバスをちゃんと走らせるという目的がある」

がズドンと心に響いた。

魔美のパパの
「新作にとりかかるときはいつも冒険だ」
というセリフと合わせて、なにか目から鱗が落ちたような感じがする。
たいしておもしろくもない日常。それでもそこから逃げ出したくなるのを繋ぎ止めてくれる存在がある。
それは日常の中の目標であったり、周りにいる人たちだったり、自分自身だったりする。そういうのを物語を通して最確認できた感じ。



これが原作の無い、アニメオリジナルストーリーというのもすごい。
暴走する少年とマジメに働く父、といえばすこし陳腐な材料だけど、それをとてもバランスよくまとめて「原作に負けない出来」にしてるのが、すごい。
[PR]
by haschiken | 2007-02-26 20:40 | エスパー魔美
藤子ソングづくし

こないだの週末、藤子アニメのCDをどっと買って、いまはいろんなのに聞き浸っています。(と言っても、『キミのなかののび太』が素晴らしすぎてこればっかりですが)
こういうのをいろいろ聞いてると、懐かしい気持ちと合わせて、罪のない素直な楽しさが感じられて、大人の日常世界を忘れさせてくれますね。

以下、ざっと感想を。

More
[PR]
by haschiken | 2007-02-19 22:37 | その他藤子F関連
普段が芝居がかりすぎなのだ
NHK-BSで放送されたミュージカル『Oh ダディー!』を見た。


もともとミュージカルにはそれほど興味があるわけでは無いけれど、最近はいろんな舞台芸術にできるだけ触れてみたい、という気持ちが強いので。(日曜日のNHK芸術劇場を見逃したのは惜しかった!ベテラン役者ばっかりの舞台だったみたいだし、そのうちの一人にあの元スネ夫、肝付兼太さんもいたそうで…長年声の演技を聞き続けてきた肝付さんの舞台での演技に興味があったのに!)

加えて、主演が川平慈英というのもちょっと気になったw

いつもはただの『サッカーが好きなテンションの高い人』の彼が、本業のミュージカルでどんな演技を見せるのか…
という興味もあって見てみたら。


…川平慈英、いつもと変わらんやん!!

いや、演技も歌もダンスもさすがに上手いんです。
でもかなり濃い演技をしてるはずなのに「素」の彼に見えてしまう不思議さw
いかに彼が普段のテレビで大げさな喋り、ふるまいをしているか、が改めてわかって、妙なおもしろさがありましたよ。
ミュージカルやってるのに、それが「普通の状態とそう変わらん」人ってなかなかいないと思うよ…


役者さんの中には、テレビで見てたらどうってことないけど、舞台に立つとぐっと迫力のある演技を見せてくれる人(たとえば松たか子とか小西真奈美とか)も多くて、さすがと思うことはあるけど…
逆…
でもなく、変なパターン…
[PR]
by haschiken | 2007-02-13 00:58
フグは自分の毒で死ぬか
久しぶりの更新は小ネタから。


「フグが自分の毒で死ぬか?」

とは、ジャイアンが自分の歌を聴いてもなんとも思わないのを見たのび太の疑問にたいしてドラえもんが放った言葉として有名(てんコミ39巻『ジャイアン殺人事件!?』)。

妙に印象深い言葉です。
いろんな人に追うよう効きそうだしw

と、同時に、僕、これ読んでから素直に
「なぜ死なないんだろう!?」
という疑問を持ち続けておりました。
不思議じゃないですか?



このあいだ、ぶらぶらとwikipediaを見ていたら、「テトロドトキシン」のページに辿り着き(なんでそんなページに辿り着いたんだというツッコミはなしで)、読んでみると…


まとめていえば、
「自分の毒では死なないが、通常の致死量の1000倍を与えられれば死ぬ」
そうで…


しかしまぁ、毒を使う生き物ってすごいよね。
毒蛇なんかはその毒が消化液も兼ねてるらしいし…
[PR]
by haschiken | 2007-02-11 23:09
   

非日常の楽しいことを求めて
by haschiken
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
> 検索
> 最新のトラックバック
大阪フィルハーモニー交響..
from オペラの夜
おめでとう!!藤子・F・..
from 藤子マニアのギター弾き
だい!ぜん!しゅう!
from TheSkyBeans
『藤子・F・不二雄大全集..
from はなバルーンblog
藤子・F・不二雄大全集 ..
from commonplace days
祝・藤子・F・不二雄大全..
from MiSTTiMES Blog
ネコでも分かる「新のび太..
from 壊れかけのAKi-Radio
藤子・F・不二雄大全集刊..
from 青い空はポケットの中に
で、結局『緑の巨人伝』は..
from Ashiko K Milk
映画ドラえもん『のび太と..
from 青い空はポケットの中に
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧