>
☆管理人:haschiken

ドラえもん好き。
外国語好き。
本が好き。
音楽も好き。
流行りものとは無縁…

管理人のtwitter
そしてそのtwilog

★記事がおもしろければお気軽にコメントを。
★トラックバックもご遠慮なくどうぞ。(残すかどうかの判断は当然管理人がします)
★記事引用の場合は、引用の後ひとこと声をかけてくれればうれしいです。このブログからの引用であることを、明記してくださるよう、お願いします。
★リンクはご自由に。

☆リンク☆

藤子F関係ブログ
TheSkyBeans
commonplace days
パンポロリン!
青い空はポケットの中に
藤子不二雄ファンはここにいる
はなバルーンblog
博士のイチゴな愛情
スコシフシギ(SF)な日々
月あかりの予感
何かいいこときっとある♪
今をトキめかない
並平満夫の日記
ガキ大将☆ブログ
わさドラブログ



藤子F関係HP
藤子不二雄atRANDOM
藤子・F・不二雄FAN CLUB
ドラえもんSuperDatabase
アニメドラえもん公式サイト


その他
笑う門には福来たる!
ひらめ・とーく

Blog People

<   2007年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧
『新魔界大冒険』観てきたよ~!
うん、おもしろかった!!

おもしろかった!
…けど、あらためて振り返ってみたら、どう評価したらいいのかよくわからないなぁ、あれ。


もちろんストーリーは面白く、冒険活劇としてよく出来ていると思う。これからも毎年あのレベルの映画が続くんならまずまず新シリーズも成功だと思う。


で、あらためて『新魔界』単体の作品を考えてみると…

まず、去年に続き、「時間が全然足りてないんじゃないの?」というのがまず感じたこと。
でもおかしいよなぁ。去年も今年も大山ドラ時代よりもはるかに長い時間を使ってるのに。
僕の感覚が大人になって変わってしまったのか、新シリーズの密度がそれだけ濃くて時間を感じさせないのか…
あと今回はキャラのセリフや行動で直接描かれない部分が多いのも特徴的だねえ。

ともかくも、
「この映画はこういう作品なんだ」と自分の中でしっかりとふに落とせていない。
変な感覚だ。


なんかこれから悩まされそう…

詳細な検討はボチボチ…
できるかな?




そして来年は??
最後のおまけアニメ(スタッフには渡辺歩の名が!)がなにかのヒントだとすると…
かすかに思いつく過去の作品がふたつ…

しかし、まさかそれを来年リメイクすることはないだろう…
[PR]
by haschiken | 2007-03-13 16:37
行ってきます!!
今から、ドラえもん映画『新魔界大冒険』みにいってきます!

忙しい中の休みなので、朝一の回に行こうと思ってたのに、寝過ごしたよ…

ま、気を取り直して、楽しんできます!


時間があまり無いので、詳細な感想はなかなか書けなさそうなのが悔しい…


あ、そういえば、こないだドラ好きの知り合いと話してたときに浮上した、
メジューサ=ダースベイダー的キャラ説。

けっこう当たってる気がするけど、真相はいかに??
[PR]
by haschiken | 2007-03-13 11:25
5人 リラックスしてラジオ
月あかりの予感 さんで紹介されていたドラえもん声優たちによるポッドキャストを聞いてみた。

映画ドラえもん「レギュラー声優が語る、ここだけ話」

キャラではなく、素の声優としての5人がまったりと、とりとめもなく語るラジオ。
5人の雰囲気がなんとな~くわかるようでおもしろい。

大原さんっていつ聞いてもほんとにのび太そのまんまの声なのが…
なんか微笑ましい
[PR]
by haschiken | 2007-03-13 01:01 | ドラえもん
ここだけは残して欲しかった!
3月10日の映画ドラえもん『のび太の新魔界大冒険』後悔に合わせてテレビ放送された『のび太の恐竜2006』

録画してたヤツをザーっと飛ばしながら見てみた。

先に見られた皆さんのブログなんかで、大幅なカットがされている…
というのは聞いてはいたが…


まぁもうこれは時間的に仕方が無いところが大きいんだろうね。
いままでより約15分も長い作品を、同じ時間枠に収めるなんてことは不可能で、時間枠の取り方が間違っている。


ただ、それは理解しても、どうしてもカットしちゃいけないシーンがあったんじゃないか? と思う。

それは、なによりエンディング。
そして、物語の中盤、「ボクノート」インストバージョンに乗せて白亜紀のアメリカ大陸をゆく五人、のシーン。

まず、この映画のエンディング、そのまた最後の数十秒に込められたもの、それをおろそかにすることはやめて欲しかった。
せっかくのスキマスイッチの「ボクノート」も流れる機会なく、終わり、ではあまりにも勿体ない。
それよりなにより、あのエンディングが無いと物語は終わらない。
エンドロールが始まると見るのをやめる人は多いかも知れないけど… そこはもう少し誇りを持って欲しかったな。まぁ、映画側のスタッフがテレビ用編集したわけじゃあないんだろうけど。


同じように、白亜紀の冒険シーンも勿体ない!
あそこは、音楽の心地よさ、背景の美しさ、キャラクターの表情、の3つが非常に高いレベルで融け合っていて、ドラえもん映画の中でも屈指の名シーンだと思っているだけに。

あそこで描かれている「楽しさ」がまた重要なんだけどな…
本当はすごくつらくてしんどい状況のはずなのに、その自分たちだけの冒険を楽しむ、っていうのは大長編ドラの魅力のひとつ。『魔界』での土星のわっかでランチ、とか、『鉄人』の決戦前夜とかね…

ていうことで、やっぱり残念だったなぁ。

でもまぁ、もともとテレビ放送には限界がある、ということで。
今回はじめて見た! っていう人はぜひノーカット版を見て欲しいところだ。
[PR]
by haschiken | 2007-03-13 00:53 | アニメドラえもん
それはトンポコっていうのかい??

とりあえず、今日のドラえもん。
映画直前スペシャルだけ見た。


なにより「魔法少女マミ」がすごい!
こういうキャラがいるのは前から公式サイトの情報やらで知っていたけど、あの顔、あの髪型で登場されるともう魔美にしか見えん!
とくについこないだまで『魔美』のアニメを見まくってた身としてはもう…
衣装ののセンスとか、変な呪文は置いといても、あの顔のキャラが再びアニメとして動いてるのを見るのがなんだか嬉しい。

きちんとコンポコみたいなイヌ(?)もいるし。
このイヌ(?)、はじめは「コンポコ」としか聞こえなかったけど、さすがにそのまんまの名前じゃないだろうなーと何回か聞き取ってみた。
たぶん「トンポコ」だよね? 外見から判断して。
「コンポコ」のイヌ、ネコ、キツネ、タヌキ、パンダという要素に加えて、ブタまで加わっちゃった謎の動物。
「トンポコ」だとすると、「フヤン」と聞こえた鳴き声も実は「ブヤン」なのかな、なんて思いながら、あのシーンを何度も繰り返し見てしまった。

これに限らず、実はかなーり凝ってることがうかがえるこの「マミ」のシーン。
トンポコの居るマミの部屋には他にも、頭に毛の生えたパーマンのようなぬいぐるみや、コロ助のようなキャラのぬいぐるみ、そして本物の魔美と高畑くんの写真のようなものも飾ってある。
まだまだありそうで、これはDVD買ってからじっくりチェックするところだな!



そのほか、映像に関しては今回の映画も心配することはなさそうですね。
ちょっとドラえもんがムチムチすぎて、僕はあんまり好きじゃないけど。
ストーリーも、要所はキチッと原作のポイントを押さえてるようで、期待が持てそうだ。

満月親子は、やっぱりもうダメだけど…
[PR]
by haschiken | 2007-03-10 00:42 | アニメドラえもん
もうこんな時期だ!
『魔美』のDVDをひとまず見終わって、やれやれと思ってる間もなく、明後日にはいよいよドラえもんの映画公開! という時期になってしまったな~


ちなみに僕は次の週末は出張だのなんだのがあって見られません。平日も見られません…
なので…
この話題にはしばらく乗り遅れてしまうっ!!


おそらく藤子関連ブログには慌ただしくいろいろと記事がアップされていくのだろうけど、当分読めません!
映画公開となれば、このブログのアクセスを伸ばす絶好のチャンスなんだろうけど、当分映画自体についての記事も書けない。勿体ない!


なんか、自分の仕事が忙しいこともあってか、去年とくらべて、知らない間に映画が近づいてきた、っていう感じが強いなぁ…
去年の公開前はと言えば、事前情報ひとつひとつにワクワクして映画を今か今かと待ってたというのに、今年は「あぁ、そういえばチェックしとかないと」って感じ。


その去年の作品『のび太の恐竜2006』はなんと『新魔界大冒険』の封切り日3月10日にテレビ放送されるそうで…
なんとまぁ、新作の公開日に持ってくるとは。ちょっと理解に苦しむ…
そんなに一気に見せなくてもいいのに。『新魔界大冒険』を見た人の余韻はどうなるんだよ!

…というか、2作の比較のような形になってしまったら、あんまり良くないと思うけど??
正直、『新魔界大冒険』に『恐竜2006』ほどの(映画としての)密度があるかどうか、現段階では僕は疑問だし。
…というか、結局『新魔界大冒険』がどういうストーリーになってるのか、全くわからん!! 正直お手上げ状態だ。
初めのうちは、魔界突入後のストーリーはだいぶ変えてくるのかななんて思っていたけど、今までに後悔された映像を見る限り、要所要所は原作と大差ないように思える。
デマオンの倒し方を変えてくるのかな、とも思ったけど、最後のドラミの例のセリフもちゃんとあるみたいだし… ?? わからん!
まぁ、増えたのはキャラクター同士の絡みのエピソードかな、という具合にいまでは予測してるけど。

今回も小ネタはけっこうあるみたいですね。魔法少女とか。
しずか役のかかずさんのネットラジオによれば、『のび太の恐竜2006』を見てないとわからないネタもあるらしいので、テレビ放送でおさらい、というのも悪くないかもね。



ま、声優には不満があるぶん、とにかくストーリーでしっかり見せてくれることを期待するしかない!!
[PR]
by haschiken | 2007-03-08 23:08 | ドラえもん
アニメ版『エスパー魔美』見終わった…


あ~あ…
終わってしまった…

惜しい!
全部見終わるのが惜しい! っていうのがいまの素直な気持ち。



藤子アニメの中でもファンの評価が非常に高い『魔美』。

通しで見た感想、一言で言うとすれば「すごくバランス良くできてる」という感じ。

ひとつひとつのストーリーやテーマも、その構成や演出も細かいところまでいろいろとできているし、それが集まってシリーズ全体としても非常にバランスのとれた、うまく出来たものになっている。

原作との距離感が絶妙。始めは原作とともに歩んでゆき、少しずつアニメ独自の味を出していって、シリーズ後半には原作とはまたひと味ちがう、「アニメ版『エスパー魔美』の世界」というものを見事に創造できている。
もちろん各話少しずつ設定にばらつきが出てはいるけど、僕の感じる限りではそれは各話の脚本の「個性」というべきもので、シリーズ全体のバランスを乱すまでには至ってない。そして、いちばん大事なテーマ。
いつも藤子作品の主人公とはちょっと年上、ちょっと大人の世界、現実社会に近づいたキャラクターたちが接する事件、悩み、葛藤を描くその描き方も決して押しつけがましくもなく、ステレオタイプでもない。
安易なハッピーエンドが少ないのも、物語に奥行きと現実感を持たせていてとてもいい。


あ~、良かった!!

繰り返すけど、ほんとに全部見終わってしまったのが残念だ。


上巻に予告が入ってない(上下巻購入特典で入手できるらしい)とか、リマスターされていないとか、収録内容に批判のあるこのDVDボックスだけど、肝心の本編はすごくいい。
いままでに見たことがあって内容を知っているオールドファンならともかく、『エスパー魔美』あるいは藤子F作品は好きだけれどアニメ版『魔美』はまとめて見たことない、という僕のような人にとっては、手に入れて損のないものだと思う。

エスパー魔美DVDボックス(上巻)amazon
エスパー魔美DVDボックス(下巻)amazon
[PR]
by haschiken | 2007-03-05 00:08 | エスパー魔美
エスパー魔美雑記

ほんとはドラ映画関係でいろいろ書きたいこともあるのだけれど、今日は集中力と文章力がおっつかない感じなので、最近また見始めたDVD版エスパー魔美下巻のすごおく簡単な感想をいくつか。


○リアリズム殺人事件!?
アニメ化によってラストが大きく変えられた、ということで有名なのは知っていた。
実際に見たのは今回がはじめてだけれど…

う~ん、なるほど。
原作を知ってる身として見ると、かなり不安を煽られる演出の末、実は… となるので、インパクトは若干弱くなってしまったかも知れないけれど、話を通して伝えたいメッセージの点ではまちがっていないと思う。
そう、芸術とはそういうものだ。


○くたばれ評論家
なぜ剣氏の症状が…??
と、次の瞬間、伏線に気づいた! あざやかだ!!


○俺たちTONBI
『サマードッグ』や『たんぽぽのコーヒー』と並んでアニメの評価が高いエピソード。
…らしいけど、僕はそれほどでも無かったかな。

もちろんよく出来ているけど、このぐらいのエピソードはアニメ版魔美にはざらにあるんじゃないかな、と今まで見てきた感想としては思う。もちろん熱くていい話だけど。


○自転車ラプソディー
社会派だね~! 
こんなテーマ、説教くさくなりがちなテーマをスッキリと描けるのはすごい!!


○日曜日のトリック
「マンモスうれピー!」という魔美の謎のセリフに衝撃。
調べてみたら、当時の酒井法子に関係あるセリフみたい。
いまで言えば、「ギザウレシス」てなとこなんだろうか…

このストーリー、「リザーブマシン」や「ドジ田ドジ朗の幸運」のようなF的確率論がとてもおもしろい。最後のトリックが開かされるシーンがあざやか。途中までは単に「時刻表みろよ…」とか普通に思ってました、はい。


○六月の恐竜
これ! これだね!! 元ネタは!!

湖に出現する首長竜、夜、野次馬、テレビ取材、サーチライト、そして魔美&高畑。
たぶんこのシーンを元に『のび太の恐竜2006』の魔美のカメオ出演シーンができたんだろうな。


以上。
もちろんここに取り上げなかったエピソードもおもしろいのばかり、そろそろ全部見終わるのが惜しいぐらいだよ。
[PR]
by haschiken | 2007-03-04 00:52 | エスパー魔美
吉本の芸人はもしかしてドラえもんが好きなのか?

もしかして、そうなのか??


ずっと前にさらりと記事にしたテレビ番組、『ジャイケルマクソン』を知ったときもそう思ったが、今日偶然こんなものの存在を知ってしまった。


その名前は一体どこから思いついたのだろう??

すんげえ気になる…

まぁまだ2例しか見つかってないので、そんなに多いわけでは無いだろうけど、どちらもかなり特徴的な言葉だもんなぁ~。

関係者の誰かがドラえもん好きだとか??
[PR]
by haschiken | 2007-03-03 22:55 | 日々
   

非日常の楽しいことを求めて
by haschiken
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
> 検索
> 最新のトラックバック
大阪フィルハーモニー交響..
from オペラの夜
おめでとう!!藤子・F・..
from 藤子マニアのギター弾き
だい!ぜん!しゅう!
from TheSkyBeans
『藤子・F・不二雄大全集..
from はなバルーンblog
藤子・F・不二雄大全集 ..
from commonplace days
祝・藤子・F・不二雄大全..
from MiSTTiMES Blog
ネコでも分かる「新のび太..
from 壊れかけのAKi-Radio
藤子・F・不二雄大全集刊..
from 青い空はポケットの中に
で、結局『緑の巨人伝』は..
from Ashiko K Milk
映画ドラえもん『のび太と..
from 青い空はポケットの中に
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧