>
☆管理人:haschiken

ドラえもん好き。
外国語好き。
本が好き。
音楽も好き。
流行りものとは無縁…

管理人のtwitter
そしてそのtwilog

★記事がおもしろければお気軽にコメントを。
★トラックバックもご遠慮なくどうぞ。(残すかどうかの判断は当然管理人がします)
★記事引用の場合は、引用の後ひとこと声をかけてくれればうれしいです。このブログからの引用であることを、明記してくださるよう、お願いします。
★リンクはご自由に。

☆リンク☆

藤子F関係ブログ
TheSkyBeans
commonplace days
パンポロリン!
青い空はポケットの中に
藤子不二雄ファンはここにいる
はなバルーンblog
博士のイチゴな愛情
スコシフシギ(SF)な日々
月あかりの予感
何かいいこときっとある♪
今をトキめかない
並平満夫の日記
ガキ大将☆ブログ
わさドラブログ



藤子F関係HP
藤子不二雄atRANDOM
藤子・F・不二雄FAN CLUB
ドラえもんSuperDatabase
アニメドラえもん公式サイト


その他
笑う門には福来たる!
ひらめ・とーく

Blog People

<   2008年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧
大津で原恵一作品をたっぷりと
見ました!!

朝の十時から午後六時までかけて、『クレヨンしんちゃん』を2本、最近作の『河童のクゥと夏休み』、そしてデビュー作品の『エスパー魔美 星空のダンシングドール』、さらには原監督のトークと、たっぷり楽しんできました。

さすがにどれも見ごたえ十分!!
『クレヨンしんちゃん』については、あちこちで映画版が高く評価されていたのに納得できたし、『河童のクゥ』は製作に5年もかけたとあって、さすがの質の高さ。
そしてお目当ての『魔美』。
フィルムコミック版は持っているのでストーリーは知っていたものの、実際に動くのを見ると感動がぜんぜん違う! いろんなシーンでの凝った演出が楽しめました。

この『魔美』、1988年に公開されて一年ほどは全国を回ったものの、それ以降はずっとお蔵入りとなり、今日、およそ20年ぶりに上映されたそうです。
(こないだ出たDVDボックスにも入らなかった(>_<) どうやらQ太郎と同様、権利関係がややこしいらしい)
しかも、もともとスタンダードサイズのフィルムに撮られていたのを、劇場公開時には天地を切ってビスタサイズになおして上映されていたとのこと。今回はオリジナルサイズでの初上映という、なんとも貴重な会なのでした。

原監督が各作品について語る色んなエピソードも聞けたし、とてもいい企画でした。

実は明日も同じプログラムで上映するらしいので、興味のある人は大津の滋賀会館大ホールまで行ってみてはいかがでしょう?
(^_^;)
おすすめですよ!
[PR]
by haschiken | 2008-08-16 19:52
山寺の次は
昨日、無事に山形から帰ってきました。

今日はまた朝から滋賀へ向かってます。
大津の映画館へ、原恵一の特集を見に。

『エスパー魔美 星空のダンシングドール』がアイスクリーム、いや大スクリーンで見られるのだ!!
[PR]
by haschiken | 2008-08-16 08:27
山寺へ!

ひさびさに早起きした…


藤子・F・不二雄SF短編集をカバンに突っ込んで、東北へ行ってきます。
東北へはほとんど行ったことがないので楽しみ。

しかし、7、8年ぶりに飛行機に乗るのでちょっと緊張している…
[PR]
by haschiken | 2008-08-13 06:56
で、結局『緑の巨人伝』はどうだったのか?

おひさしぶりです。

前の記事で、今年の春のドラえもん映画、『のび太と緑の巨人伝』を見たということを書いてから消息を絶っておりましたワタクシですが、ひさびさに復帰しようかと思い立ち、新しい記事を書いているところであります。

んで、まぁ、前回の記事では映画を見てなんかモヤモヤな感想を持った、ということしか書いてなかったんですが、その感想を僕の中でまとめて記事に書こうとしていたら、なかなかまとまらなくて、しまいには見た映画の細かい内容を忘れてしまいはじめた… というアホな結果になってしまいました。

映画の感想をまとめるまでは、コミック版を読むのもおあずけ! と思っていたら、いつまで経ってもコミック版を読めないではないですか!!

と、いうことで、いいかげん、なんとかまとめをしておいて、このブログも次に進みたいと思います。
ただし、細かいストーリーは忘れかけているので、全体的な感想のみで。

というか、もうひとことで済ましちゃおうとすると、
あの映画は、

「いままでにないドラえもんを作ろうと頑張ってみました。
その結果、ドラえもんとは全然別物のアニメができてしまいました」


ということにつきるんじゃないかと思うんですよ。

その挑戦は僕は評価したいと思うんですよね。
映画の半ばあたりまでは、「こわれておわびする!!」などなど、過去の作品へのオマージュと思われるセリフや場面もたくさんあったけど、あそこまでたくさん使っているということは、単なる遊びというだけではなくて、F先生の作品に対する敬意と、それを乗り越えていきたいんだという挑戦があらわれているんだと思うんです。
「植物との交流」というテーマそのものも、F先生が『ねじまき都市冒険記』で描ききれなかったテーマだし、それをわざわざ選んだ、ということも、製作する側としては大きなチャレンジだったはず。

で、それでどうなったかというと、
たしかにいままでのドラえもん映画にはなかった作品ができた、とは思う、
でも、それはもはやドラえもん映画じゃないよ! っていうものになっていた。
ということだったのではないかと。

「ドラえもん映画じゃない」っていう主張はもちろん曖昧で、好き嫌いも係わってくるものなんだけど、ひとつ客観的な要素をあげるとすれば、物語として、5人のレギュラーが生かせないものになってしまった、っていうのがありますよね。

後半以降は、「のび太とキー坊の物語」になってしまって、ドラえもんたちの出る幕が無い。これはやはり致命的だと思うんですよ、たとえおもしろい作品であっても、ドラえもんのおもしろさ、というものからはかけ離れたものになってしまう。(僕の場合は、おもしろいとも思わなかったんだけど)

その他にも、
・物語の展開が早すぎ、というか、なぜそうなるか説明することがなくどんどん進んで、わけがわからなくなる。
とか、
・感覚的なシーンが多くて、考えてみると何が起きたのかさっぱりわからない。
とか、まぁいろいろと不満のある作品でした。

というわけで、今回の作品は、僕はもう失敗作であると言い切るほかないものなんですが、少なくとも、はじめに書いた「いままでのドラえもん」に対する挑戦する姿勢だけは評価したいと思ってるんです。
原作ファンとしては、リメイク一辺倒でいってくれてもそれはそれで嬉しいんですが、さすがにそういうわけにもいかないでしょう。
新しいドラえもんの魅力が見られるなら、そこに期待したい気持ちもあるんです。

ただ、なんでもかんでもアリじゃあないですよね、当然。
もっと『ドラえもん』という基礎にしっかりと足をつけて、そこから新しいものを生み出してほしいなぁ、と。

前の記事で、
「ああいう作品を作ったのはなかなかすごいことだなぁ」
と書いたのは、「果敢な挑戦」と「結果として無茶苦茶になった」という両方の面に対する感慨だったわけです…


と、こんなところですかね。
あの「映画」に対して、いまでも覚えている感想は。


さぁ、これでやっとコミック版が読めるぞw
今回はコミック版と映画版ではだいぶん内容が違うらしいので、コミック版を読めば、またそっちはそっちで思うことが出てくるかもしれませんな。
[PR]
by haschiken | 2008-08-11 23:24 | アニメドラえもん
   

非日常の楽しいことを求めて
by haschiken
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
> 検索
> 最新のトラックバック
大阪フィルハーモニー交響..
from オペラの夜
おめでとう!!藤子・F・..
from 藤子マニアのギター弾き
だい!ぜん!しゅう!
from TheSkyBeans
『藤子・F・不二雄大全集..
from はなバルーンblog
藤子・F・不二雄大全集 ..
from commonplace days
祝・藤子・F・不二雄大全..
from MiSTTiMES Blog
ネコでも分かる「新のび太..
from 壊れかけのAKi-Radio
藤子・F・不二雄大全集刊..
from 青い空はポケットの中に
で、結局『緑の巨人伝』は..
from Ashiko K Milk
映画ドラえもん『のび太と..
from 青い空はポケットの中に
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧