>
☆管理人:haschiken

ドラえもん好き。
外国語好き。
本が好き。
音楽も好き。
流行りものとは無縁…

管理人のtwitter
そしてそのtwilog

★記事がおもしろければお気軽にコメントを。
★トラックバックもご遠慮なくどうぞ。(残すかどうかの判断は当然管理人がします)
★記事引用の場合は、引用の後ひとこと声をかけてくれればうれしいです。このブログからの引用であることを、明記してくださるよう、お願いします。
★リンクはご自由に。

☆リンク☆

藤子F関係ブログ
TheSkyBeans
commonplace days
パンポロリン!
青い空はポケットの中に
藤子不二雄ファンはここにいる
はなバルーンblog
博士のイチゴな愛情
スコシフシギ(SF)な日々
月あかりの予感
何かいいこときっとある♪
今をトキめかない
並平満夫の日記
ガキ大将☆ブログ
わさドラブログ



藤子F関係HP
藤子不二雄atRANDOM
藤子・F・不二雄FAN CLUB
ドラえもんSuperDatabase
アニメドラえもん公式サイト


その他
笑う門には福来たる!
ひらめ・とーく

Blog People

タグ:展覧会 ( 7 ) タグの人気記事
藤子・F・不二雄ワールド―ドラえもんとなかまたち展― @新百合21ホール

今年の連休は、真ん中に仕事で東京へ。
満員の新幹線に乗って、東京へ。
普段はあまりしない仕事に参加した後、せっかくなのでもう一日滞在。

ユリオさんグミさんと一緒に、トキワ荘記念碑を見学したあと、
『ドラえもんとなかまたち展』
をみにいってきました。
c0022506_2111441.jpg

ふたりともいろいろありがとう!

展覧会はこじんまりとしていながらも、原画がたっぷり。
短編ドラ、大長編ドラにとどまらず、『パーマン』、『新オバQ』、『魔美』、『キテレツ大百科』さらには『21エモン』、『モジャ公』、『ウメ星デンカ』、『チンプイ』、『ポコニャン』… などなど。F先生の代表作がずらーっと並べられており、なかなかの見応えでした。

ドラえもん短編では、
「たたみのたんぼ」
「カムカムキャットフード」
さらに『新オバQ』の小学一年向けのエピソード(タイトルわからない)は、短編すべての原画が展示。

アニメ上映のコーナーでは『パーマン』と『オバケのQ太郎』が交互に上映。
ドラえもんに偏らずに、他の名作にも触れられる展覧会になっていました。
期待してた以上に濃い内容の展覧会になっていて、大満足。

会場は広くはないけれど、原画、マンガ閲覧、アニメ上映と各コーナーがシンプルに配置されていて、ところどころにキャラのイラストやF先生の言葉があしらわれてとてもセンスがいい雰囲気。
2週間ほどで終わらせてしまうのは勿体ない内容の展覧会なので、ぜひ全国巡回してほしいものです。

今回のは、ドラえもんだけでなく、F作品を幅広く紹介、とくに『新オバQ』に力が入っていたのがとても印象的。
「F大全集」発刊や藤子・F・不二雄ミュージアムのオープンなどのイベントを前にしてのことかなあ… と思ってるけど、その調子ならば、大全集に多くの『新オバQ』が収録されたり、ミュージアムでも『ドラえもん』に留まらない内容の展示がみられることを期待したいなあ… 

c0022506_21115167.jpg

ユリオさん、グミさん、おつかれさまでした。
また行きましょうね〜!!
[PR]
by haschiken | 2009-05-06 21:16 | その他藤子F関連
京都でドラえもん&藤子三昧


美術館「えき」KYOTOで開催中の
「みんなのドラえもん展」と、
京都国際マンガミュージアムの
「コロコロコミック創刊30周年展」へ行ってきたのです。

両方ともかなり濃く楽しめましたよ。

More
[PR]
by haschiken | 2007-08-19 01:32 | ドラえもん
ペルシャ文明展

日曜日、大阪歴史博物館で開かれている「ペルシャ文明展」へ行ってきた。

なんでも、これほど大規模にイランから日本へと文化財がやってくるのは非常に珍しいことらしい。


先史時代から、メソポタミア文明との関わりが非常に深かったエラム国、後にオリエント世界を統一したアケメネス朝ペルシア帝国(藤子ファンとしては外せないカンビュセス王はこの時代だね)、その後のササン朝ペルシア帝国に至る時代までの品々がたくさん展示されていた。

なかでも印象に残ったのはエラム時代の土器と、帝国時代の黄金の品々。

エラムの土器は動物をかたどった愛らしいデザイン。
すごくセンスが良くて、いまの時代でも普通にオシャレな食器として使えそう。

そして黄金の工芸品の数々は圧巻。
全部で20点ぐらいはあったのかな。暗い展示室に浮かび上がる金色の酒器やボウルはもう、言葉にできないほど綺麗で、ずーっと見入ってしまった。
いや~、ほんとに美しかった。


ちょっと料金は高めだったけど、なかなか見ごたえのある展覧会だった。

博物館から見下ろす大阪城公園の景色もなかなかのもの。
[PR]
by haschiken | 2007-07-23 22:34 | 日々
光の魔術師 インゴ・マウラー展
昨日は大阪、天保山のサントリーミュージアムに、
「インゴ・マウラー展」
を見に行ってきました。


インゴ・マウラーという人は欧米で評価の高いドイツ人照明デザイナーだそうですが、知りませんでした。

ドイツのモダンアートということに惹かれて行ってみたのですが…

これが素晴らしかったんですねえ!


電球やランプにちょこっと手を加えて、いろんなものに見立てたり、彫刻のようにあしらってみたり…
というセンスも素晴らしいし、ホログラムや発光ダイオードを駆使して、不思議な雰囲気を持つ照明をつくりあげているのも、見ていて楽しいし飽きない。
光と影、をシンプルに使っただけなのに、その変化の動きに目を奪われる「スウィンギング バルブ」なんかもすごいなぁ、と思ったよ。
電球が振り子で揺れてるだけなのに、それによって作り出される影の変化のおもしろいこと!!


そして何より
「タブロー シノワ」
が素晴らしかった!
これは水槽に金魚を泳がせて、その影を白い壁に投影する、というもので、白い壁にモノトーンで刻一刻と移り変わる水の波紋、その合間を泳ぐ金魚のシルエットが映し出される、というなんとも風情のあるもの。
美術館の少し奥まったところに展示されていたこともあって、シィン… という静寂と、その変化する影の様子がとても奇妙な雰囲気を醸し出しており、しばらくの間、おいてあったベンチに座って見入ってしまいました。


普段見慣れぬ光の世界がいっぱいで、ちょっとしたワクワクごころを感じながら、どこか癒されたようなふうな、いい時間が過ごせましたよ。

あまり期待しないで行ったけど、大当たりの展覧会でした。
[PR]
by haschiken | 2006-10-10 21:09 | 日々
オルセー美術館展
ここんとこエキサイトにログインできなくて、困っておりました。
おそらくこのPCが原因(マウスの動きとかもおかしくなってた)だと思うのですが…
まぁ、突然治ったので、良しとしますか。


さて、今日から神戸市立博物館で始まった、
『オルセー美術館展』
に行ってきましたよ。


この神戸市立博物館、けっこうメジャーな展覧会をやることが多くてよく行くんだけど、ちょっと狭いんだよねぇ。

博物館の入り口をくぐった瞬間からドーンと展示が始まる感じだし、その後3階→2階と続く展示室も、通路や展示の感覚が小さくて、どうも手狭な印象を受けてしまう。
グッズ売り場のビデオの音声が展示室まで聞こえてくるし…
そのへんが残念だなぁ、といつも思ってたんですが、今回はそれが逆にいい効果を出してたかも。

と、いうのも、チケットも切ってもらわないうちに、大きな絵が数点目に飛び込んできたからで、とくにバルトロメの『温室の中で』とい絵は、その絵の大きさや、モデルのポーズ、光の描き方などが迫力満点で、一気に美術館という非日常な世界に引き込まれる感じがするから。

作品は、モネ、マネ、ドガ、ルノワールなど、印象派絵画を中心に、彫刻や写真も含めて140点。

これぞ印象派! といった感じの、モネの『アルジャントゥイユの船着場』や、『ルーアン大聖堂』
けだるいガラテアと妙にイケメンなポリュフェモス(w)の対比が特徴的なモローの『ガラテア』など、印象的な作品も多く、満足できました。
その割りには、今回の目玉となっている、『アルルのゴッホの寝室』や、『モリゾの肖像』などはあまり気に入らなかったんだけど…


ちょっと料金は高めだったけど、作品の質も量も良い展覧会でした。
[PR]
by haschiken | 2006-09-29 23:45 | 日々
芸術の秋
今日は京都へ展覧会めぐりに行ってきました。

まず本命は、京都文化博物館の、
『マリア・テレジアとシェーンブルン宮殿展』


これは元ドイツ語専攻としてぜひ行きたかったのですよ。

マリア・テレジア。
父カール六世のただ一人の跡継ぎだったため、ヨーロッパ一の名門王家であるハプスブルク家の当主となり、同時にオーストリア大公、ハンガリー王、ボヘミア王など数々の所領の君主となって、神聖ローマ帝国史上唯一の「女帝」と呼ばれる人物。
(名目上の神聖ローマ皇帝はマリア・テレジアの婿であるフランツ一世シュテファン。実際の統治はマリア・テレジア中心だったと言われる。)

すごい人なんですよこの人。
ハプスブルク家歴代の君主の中でも屈指の名君だし、ヨーロッパの王朝全体を見渡してみてもこれほどの人物はなかなかいないはず。
日本では末娘マリア・アントーニア(フランス語で言えばマリー・アントワネット)のほうが圧倒的に有名だけれど、あちらは人物としての魅力と言うよりは、悲劇のフランス王妃という運命によるところが大きい。
こちらは皇后かつ女王(「王妃」とは身分的にもエライ違いです)として、フランス王室との外交関係を築き、執拗に攻撃を仕掛けてくるプロイセンのフリードリヒ大王から帝国を守り、国内では傾きつつあった帝国を立て直し… と、激務をこなしながら結婚後の20年間でなんと16人の子どもを産み、育てた、というスゴい女性なのです。

そう、こんなにすごいのに、まだまだ日本では知名度が低いみたいですね、彼女。
「マリア・テレジア展」のはずなのに、ミュージアムショップでは彼女のグッズ、書籍はほとんど売ってなくて、大半が、マリー・アントワネットやモーツアルト、そして時代の異なる皇后エリザベート(発音はエリーザベットのほうがいいと思うんだけど)関連のものばかり、なんだかなぁ、と思ってしまいますなぁ。
宝塚でやらな人気は出ないんかい! みたいなw

展覧会自体は、少し会場の狭さを感じたものの、良かったですよ。
典型的なロココ様式、と言われる時代だけれども、もうすでに東洋趣味が結構取り入れられていたことは驚きでしたね。伊万里焼のコーヒーカップとか、富士山の絵が描いてある和風なタンスなんかを使ってた、っていうのは想像するとなんだか可笑しくもあるけれど。

さて、予定では京都へ行ったついでに、伊勢丹で「アルフォンス・ミュシャ展」を見て帰ろうと思っていたのだけれど、烏丸の大丸でフランス19世紀絵画の展覧会をやっていることを知り、予定変更してそちらへ足を向ける…

『バルビゾンから印象派』

バルビゾン派…
僕は言葉ぐらいしか知らなかったのだけど、バルビゾン派というのは19世紀のフランス、バルビゾン村に集まった画家達が、それまであまり高尚な絵とされていなかった風景画に力を入れ、後に印象派に繋がっていく流派を指すようです。
なかでも『落ち穂拾い』のミレーなんかは有名ですな。

この展覧会が、なかなか良かったんですなぁ。
いやー、知らなかったけど綺麗やわ。バルビゾン派。
印象派ほど輪郭が崩れていなくて写実的、でもどことなく幻想的な雰囲気を漂わせている風景画がとても気に入った。とくにデュティユという人の風景画が良かったね。


そして最後に伊勢丹、
『アルフォンス・ミュシャ展』へ。

今度はアールヌーヴォーです。

パリでポスター画家としてキャリアをスタートさせたチェコ出身のアルフォンス・ミュシャ。
このポスターがねぇ。綺麗なんです。
なんと言うか、あでやか。
花や装飾品を散りばめて描きこんだ背景、そして中央に女性がさまざまのポーズで居る、っていうパターンが圧倒的に多い(ていうか、ほとんどそれ)のだけれど、独特の曲線や、淡い色合いと合わさって、とても美しい。
後期のシリアスな作品よりも、僕は初期のポスターのほうが気に入ったな。
これも満足できた展覧会でした。


と、いうことで、展覧会を三つハシゴして帰ってきましたよ。
さすがにつかれるねぇ…

けれども、さすがに「芸術の秋」というだけあって(誰が言い出したのか知らないけど)、ここんとこ行きたい展覧会がまだまだたくさんあるんよね。
計画的に行かないと、全部行けなさそう…
[PR]
by haschiken | 2006-09-14 22:03 | 日々
フランス印象派とまんだらけ
昨日は大阪中之島の国立国際美術館プーシキン展を見てきました~。

この美術館へ来たのは二回目。
一年ほど前に、マルセル・デュシャン展を見に行って以来。なかなか広いし、作品数も多いので、好きな美術館だ。


JR大阪駅からテクテク歩いて美術館へ。地下鉄一駅分だけど、大した距離でもないので徒歩で行く。

平日の昼間だというのに美術館には結構な量の人だった。
これ以上多かったら、ちょっと落ち着いて見れないな、というぐらい。
結構いろんなところで宣伝されてたからね。

しかし、展覧会の中身も、
ルノワール、ドガ、モネ、マネ、セザンヌ、ロートレック、マティス、ゴーギャン、ゴッホ、ボナール、ピカソ…
とまぁ日本人好みの有名どころの作品がこれでもか、と並んでいて、そりゃあ人も集まるだろうなぁ、という感じ。
印象主義以降のフランス近代絵画の歩み、といえば美術史の中でも最もポピュラーな分野。その変遷が分かるような展示のされ方で、予想以上におもしろかった。
とくに印象派の作品群は、光と影の使い方とか、一瞬の景色の揺らぎとか、まさしく「印象派」的な絵が沢山あって、勉強になった展覧会でした。


さて、美術館を出たあと、行きたいところがもう一つ…
それは「まんだらけ」梅田店。
前からいっぺん行ってみようと思ってたんだけれど、なかなか機会が無かったので、今回は時間に余裕もあるし、行ってみることにした。

が、美術館があるのは中之島の西側。
「まんだらけ」は阪急東通り商店街。
梅田の西の果てから東の果てへ。
歩いてみたらこれがまぁしんどかった!!
ほぼJR東西線の二駅分ぐらいかな。
普段運動しない身にはこたえました…

さて、その初「まんだらけ」。
コスプレ店員にビビりながらも、何冊か買ってきましたよ。

FFランドの21エモン①がどういうわけか210円だったので、買ったり、台湾版のドラえもんを買ったり。
一番良かったのは「まんがゼミナール」かな。

これはもうまんがの描き方というよりは、F氏の作劇法の教科書とも言えるほど! まんがの「描き方」と同時に「読み方」も学べる本ですね!

また機会があれば行ってみよう。

…それにしてもオバQは高いなぁ…
[PR]
by haschiken | 2006-03-03 17:00 | 日々
   

非日常の楽しいことを求めて
by haschiken
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
> 検索
> 最新のトラックバック
大阪フィルハーモニー交響..
from オペラの夜
おめでとう!!藤子・F・..
from 藤子マニアのギター弾き
だい!ぜん!しゅう!
from TheSkyBeans
『藤子・F・不二雄大全集..
from はなバルーンblog
藤子・F・不二雄大全集 ..
from commonplace days
祝・藤子・F・不二雄大全..
from MiSTTiMES Blog
ネコでも分かる「新のび太..
from 壊れかけのAKi-Radio
藤子・F・不二雄大全集刊..
from 青い空はポケットの中に
で、結局『緑の巨人伝』は..
from Ashiko K Milk
映画ドラえもん『のび太と..
from 青い空はポケットの中に
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧