>
☆管理人:haschiken

ドラえもん好き。
外国語好き。
本が好き。
音楽も好き。
流行りものとは無縁…

管理人のtwitter
そしてそのtwilog

★記事がおもしろければお気軽にコメントを。
★トラックバックもご遠慮なくどうぞ。(残すかどうかの判断は当然管理人がします)
★記事引用の場合は、引用の後ひとこと声をかけてくれればうれしいです。このブログからの引用であることを、明記してくださるよう、お願いします。
★リンクはご自由に。

☆リンク☆

藤子F関係ブログ
TheSkyBeans
commonplace days
パンポロリン!
青い空はポケットの中に
藤子不二雄ファンはここにいる
はなバルーンblog
博士のイチゴな愛情
スコシフシギ(SF)な日々
月あかりの予感
何かいいこときっとある♪
今をトキめかない
並平満夫の日記
ガキ大将☆ブログ
わさドラブログ



藤子F関係HP
藤子不二雄atRANDOM
藤子・F・不二雄FAN CLUB
ドラえもんSuperDatabase
アニメドラえもん公式サイト


その他
笑う門には福来たる!
ひらめ・とーく

Blog People

タグ:映画 ( 16 ) タグの人気記事
『新・のび太と鉄人兵団』@大人だけのドラえもんオールナイト
やってきました、春休み!

いやいや、春休みなんてもののある生活から離れて久しいですが、やはり春休みといえばドラえもんファンにとっては年に一度の映画のシーズン!

今年の春は、名作『のび太と鉄人兵団』の再映画化、『新・のび太と鉄人兵団 はばたけ天使たち』ということで、いろいろ注目を集めたけれど、公開されてからはなかなかの好評を得ているようです。
僕も今年の映画の出来はとてもいい! と思っております。

というわけで、今年もはるばる行ってきました3月4日の「大人だけのドラえもんオールナイト」。
ついに更新に一年以上間が開いてしまったこのブログですが、久しぶりに書いてみましょう。
例によって、映画館でとったメモを頼りにしておりますので、一部不正確なところがあるかもしれません。
メディアが取材した記事も出ているようなので、そちらもどうぞ。
【http://cinema.pia.co.jp/news/155303/42223/】

続きを読む
[PR]
by haschiken | 2011-04-04 22:52 | アニメドラえもん
『のび太の人魚大海戦』@大人だけのドラえもんオールナイト

さてみなさん、いつものごとく、お久しぶりです。

ブログを書かなくなって久しくなり、さらには昨年末頃からtwitterもやり始めたので、もうこのブログの更新は絶望的ではないかとさえ思ってたのですが、突発的に復活させました。

話題はもちろん、ドラえもんの新作映画『のび太の人魚大海戦』
いや〜、その前に、「フィーバー! ドラえもん映画祭!」と化した2月の週末にちょこっと参加した件も書こうかなと思ったのですが、まあそれは置いといて… 

今回の映画は、久々に復活した「大人だけのドラえもんオールナイト」に参加して公開日の深夜早々に見てきました。

金曜、仕事帰りにそのまま新幹線に乗って関西から六本木へ。
史上最大の寄り道、でした。

以下、レポートというか感想というか。
核心についてのネタバレにはいちおう気をつけますが、映画をまだ見てない人は余計な先入観がつく可能性などもありますので、各自判断して読んでください。

続きを読む
[PR]
by haschiken | 2010-03-14 23:31 | アニメドラえもん
映画 This Is It みてきた
“This Is It”を観て帰宅。
頭の中で“Beat It”のリフが響く余韻を楽しみながら帰ってきた。
とりあえず、50才の男が歌と踊りの練習をしている映画には見えん。
リハーサル映像というから、もっとラフなものかと思ってたけど、じゅうぶん観て楽しめる出来。
凄い人気で、公開期間も延長されたというのも聞いてたけど、たしかに今日もレイトショーなのにほぼ満員だった

マイケル・ジャクソンのコンサートともなれば、セットリストが名曲揃いで激アツなのも、演出、演奏が素晴らしいのも当たり前。未完成の状態とはいえ、映画館で見られるのはうれしいことだ。見ているうちに、ぜひこのコンサートが完成して欲しかった、ととてつもない勿体なさを感じたけど。
彼の最後のパフォーマンス、堪能することはできた。


バンドにいた、金髪の女性ギタリストがクールでカッコ良かった。最初はジェニファー・バトンかなとも思ったけど、それにしては若すぎるw
映画の中のテロップを見るとオリアンティ・パナガリスという人だった。調べてみると、オーストラリア出身の24才(!)らしい。
かつてはエディ・ヴァン・ヘイレンやスラッシュも弾いたMJの曲のギターパートを堂々と弾くのが印象的だった。
ツアーが成功していれば、もっと有名になれたギタリストかもしれない… でもあそこまで行けばこの先にもチャンスはあるだろうけど。


しかしTOHOシネマズは、映画の前に映すあのくだらないアニメをなんとかすべきだと思う。いや、単体でみればああいうおバカなノリは嫌いではないが、映画館に行くたびにあれを見せられると、場合によっちゃあ映画本編よりもあの「タカノツメ団」のほうが印象に残ってしまう。
[PR]
by haschiken | 2009-11-03 00:58 | 映画
『サマーウォーズ』

金曜日に、映画『サマーウォーズ』をみてきました。
細田守監督の話題作ですね。



絶対みておこうと思っていた映画なんだけど、みようと思ってるうちに夏休みも終わり、ぼやぼやしてると公開終了になってしまいそうだったので、いそいで。
まず驚いたのは観客の多さでしたね。金曜夜のレイトショーだったのですが、400人以上入る映画館の、4割弱ぐらいまで人が入ってました。レイトショーでこんな雰囲気ははじめてです。
しかも、公開されてからひと月ほど経っている作品に対して、ですからね。噂どおりの注目作なんだなあ、とか思いながらみたその映画は、やっぱりすごくよかった!!

ネットワーク上の仮想空間と、日本の夏の風景を描きわけた画も美しかったし、「バーチャル・セカイ系」とでもいうべき(?)デジタルとアナログを絶妙にリンクさせたストーリーが、いまの時代にとても刺激的!
まさに、この夏のうちにみておくべき作品だった! と満足できるものでした。
そしてこの映画は、「みた後にいろいろと語りたくなってうずうずする」タイプのものですね。
ということでちょっと語ってみます。
(ネタバレについては、この程度なら大丈夫だろうという範囲で)

語りにつき合ってやる
[PR]
by haschiken | 2009-09-06 23:27 | 映画
ゲキ×シネ『五右衛門ロック』

劇団☆新感線のゲキ×シネ『五右衛門ロック』をみてきた。


これはたしか去年の夏にやってた舞台。
ポスターに載っていた、

古田新太
松雪泰子
森山未來
江口洋介
川平慈英
濱田マリ
橋本じゅん
高田聖子
粟根まこと
北大路欣也

というキャストを見て、どんだけ豪華なんだよ! とびっくりした記憶がある。
みにいこうかなあ、でもたぶん後で映画になるしなあ、なんてことを考えて、結局ナマの舞台はみにいかなかったのだけど、やっぱり映画になったので、これは是非! と思って。

内容は、さすがに豪華。新感線らしくケレンたっぷりでそこそこ下品。
見ていて気持ちのいいロックミュージカルだった。

ビッグネーム役者たちはさすがに存在感たっぷり。
北大路欣也はこれ以上無いほど重厚な演技だったし、森山未來は歌に踊りにセリフすべてに芸達者、川平慈英はあいかわらず素のときとどう違うのかわからないw
なかでも江口洋介がいい味を出してた。

北大路欣也が渋〜い歌声で松雪泰子とデュエットしたり、松雪泰子と高田聖子の色気対決などなど、みどころもたっぷり。
なかでも、川平慈英vs森山未來のタップダンス対決は必見!

難しいこと考えず、みたあとにスカッとできる劇でした。


いっぺんぐらい、新感線のナマもみにいこうかなあ…
[PR]
by haschiken | 2009-06-12 01:07 | 映画
『新・のび太の宇宙開拓史』みてきた
今日は帰りに寄り道をして、『新・のび太の宇宙開拓史』を観てきました。

職場から近い大阪市内の劇場ではなぜか最終の上映が16時台ばっかりで、ちょっと遠回り。
おかしいなあ、去年までは仕事をさーっと追えた日に、18時ぐらいからの回を観てたはずなんだけど、今年はひとつもない。
「子どもは夜に映画を観ることを禁ず」みたいな条例でも出たのかしらん。

ドラえもんの映画が子ども連れで込み合っているのは正しいことで、喜ばしいことではあるんだろうけど、自分が観るとなれば、やっぱり空いてるところでゆっくり観たいのですよ。

小さい子が多いと、やっぱり、集中力が持たなくて泣き出したり、立ち歩いたり、そうでなくても映画に夢中になって感動して大声で泣かれたり、ストーリーの解説を事細かにおっぱじめられたり(気持ちはわからんでもないし、僕はストーリー知ってるっちゃあ知ってるので、かまわんのだけど、やっぱり言わない方がいいよ?w)、親がでたらめなドラえもんの話を吹き込んでいたり、といろいろ気になることがでてくるものなので。
というわけで、ふと発見した平日夜の回に、急いで行ってきました。
突然だったので、公式サイトの割引券も持って無かったんだけど、まあいいや。

で、その映画。
全体的にはけっこうおもしろく仕上がってたと思いますよ。
時間の使い方がうまくて、間延びすること無く、急ぎ足になることもなくストーリーが進んでいって、盛り上がるところは盛り上がって。
というか、映画を観ながら、あらためて、『新』はともかく、『宇宙開拓史』ってよくできた、おもしろい話だなあ、と感じましたよ。
僕らの世代(平成初期に小学生だった人たち)にとってはもしかしたら印象の薄い(『雲の王国』や『ブリキ』などに比べて)作品かもしれないけれど、やっぱり大長編ドラえもんの中でも傑作に数えられるべきものです、あれは。

映画ドラえもん初作品である『のび太の恐竜』が、もともとは中編として先に出ていたものだったのに対して、2作目の『宇宙開拓史』は始めから映画用の大長編として書かれた初めての作品。

この作品で初めて見られる物語の形が、その後の大長編のお手本となっていったといえそうな部分も多いんですよ。
たとえば、
「時空のゆがみ」的な理由で、のび太たちの世界と、ちょっと違う「あっちの世界」がつながったり。
のび太たちが自分たちだけの遊び場を求めて「あっちの世界」へ行くのが冒険のきっかけだったり。
「あっちの世界」で出会った少年と友情がめばえたり。
そういった要素が、これも『ドラえもん』のルーツのひとつであるといえる、「西部劇の世界」というモチーフの中でうまく溶け合っていて、非常に完成度の高い作品ですね。

と、こういうことなら、
「別に『新』にしなくてもいいじゃん」
って流れなんだけど、まさにその通りでw
今回は新要素がことごとくスベってるというふうにしか思えなかったなあ…
ま、それは別の場で。

ネタバレしない範囲で軽く書くと:

・開始5分で、「おいおい、脚本家が同じだからって同じ展開じゃなかろうな!?」と不安にw さすがにそれは無かったけど… こっちはこっちで微妙な…
・大長編ドラえもん史上屈指の名シーン、戦いの最後でなんてことをっ!!
・ていうか、要するにモリーナっていらんやん??

てなところでしょうか。

なんか今回のは、いろいろと注文をつけたいところはあるんだけど、全体としては「おもしろいんじゃないの」っていう感想がわりと自然に出てくる。
それはつまり、原作のある部分の描き方が上手だったということじゃないだろうかと、いまの段階では思っているのだけど、それって追加された新要素が全然メインストーリーに溶け込んでないよ~、ってことになるわけで、ここまで考えてみたところ、まあその通りかなと…


来年は、あっち方面のようですね~。
個人的には、あっち方面の話は、いまのドラえもんの演出にはちょっと合わないんじゃないかと思ってるんですが、まあどうなるでしょうねえ。

と、ひとまずの感想はこんなところで。
[PR]
by haschiken | 2009-04-01 01:24 | アニメドラえもん
で、結局『緑の巨人伝』はどうだったのか?

おひさしぶりです。

前の記事で、今年の春のドラえもん映画、『のび太と緑の巨人伝』を見たということを書いてから消息を絶っておりましたワタクシですが、ひさびさに復帰しようかと思い立ち、新しい記事を書いているところであります。

んで、まぁ、前回の記事では映画を見てなんかモヤモヤな感想を持った、ということしか書いてなかったんですが、その感想を僕の中でまとめて記事に書こうとしていたら、なかなかまとまらなくて、しまいには見た映画の細かい内容を忘れてしまいはじめた… というアホな結果になってしまいました。

映画の感想をまとめるまでは、コミック版を読むのもおあずけ! と思っていたら、いつまで経ってもコミック版を読めないではないですか!!

と、いうことで、いいかげん、なんとかまとめをしておいて、このブログも次に進みたいと思います。
ただし、細かいストーリーは忘れかけているので、全体的な感想のみで。

というか、もうひとことで済ましちゃおうとすると、
あの映画は、

「いままでにないドラえもんを作ろうと頑張ってみました。
その結果、ドラえもんとは全然別物のアニメができてしまいました」


ということにつきるんじゃないかと思うんですよ。

その挑戦は僕は評価したいと思うんですよね。
映画の半ばあたりまでは、「こわれておわびする!!」などなど、過去の作品へのオマージュと思われるセリフや場面もたくさんあったけど、あそこまでたくさん使っているということは、単なる遊びというだけではなくて、F先生の作品に対する敬意と、それを乗り越えていきたいんだという挑戦があらわれているんだと思うんです。
「植物との交流」というテーマそのものも、F先生が『ねじまき都市冒険記』で描ききれなかったテーマだし、それをわざわざ選んだ、ということも、製作する側としては大きなチャレンジだったはず。

で、それでどうなったかというと、
たしかにいままでのドラえもん映画にはなかった作品ができた、とは思う、
でも、それはもはやドラえもん映画じゃないよ! っていうものになっていた。
ということだったのではないかと。

「ドラえもん映画じゃない」っていう主張はもちろん曖昧で、好き嫌いも係わってくるものなんだけど、ひとつ客観的な要素をあげるとすれば、物語として、5人のレギュラーが生かせないものになってしまった、っていうのがありますよね。

後半以降は、「のび太とキー坊の物語」になってしまって、ドラえもんたちの出る幕が無い。これはやはり致命的だと思うんですよ、たとえおもしろい作品であっても、ドラえもんのおもしろさ、というものからはかけ離れたものになってしまう。(僕の場合は、おもしろいとも思わなかったんだけど)

その他にも、
・物語の展開が早すぎ、というか、なぜそうなるか説明することがなくどんどん進んで、わけがわからなくなる。
とか、
・感覚的なシーンが多くて、考えてみると何が起きたのかさっぱりわからない。
とか、まぁいろいろと不満のある作品でした。

というわけで、今回の作品は、僕はもう失敗作であると言い切るほかないものなんですが、少なくとも、はじめに書いた「いままでのドラえもん」に対する挑戦する姿勢だけは評価したいと思ってるんです。
原作ファンとしては、リメイク一辺倒でいってくれてもそれはそれで嬉しいんですが、さすがにそういうわけにもいかないでしょう。
新しいドラえもんの魅力が見られるなら、そこに期待したい気持ちもあるんです。

ただ、なんでもかんでもアリじゃあないですよね、当然。
もっと『ドラえもん』という基礎にしっかりと足をつけて、そこから新しいものを生み出してほしいなぁ、と。

前の記事で、
「ああいう作品を作ったのはなかなかすごいことだなぁ」
と書いたのは、「果敢な挑戦」と「結果として無茶苦茶になった」という両方の面に対する感慨だったわけです…


と、こんなところですかね。
あの「映画」に対して、いまでも覚えている感想は。


さぁ、これでやっとコミック版が読めるぞw
今回はコミック版と映画版ではだいぶん内容が違うらしいので、コミック版を読めば、またそっちはそっちで思うことが出てくるかもしれませんな。
[PR]
by haschiken | 2008-08-11 23:24 | アニメドラえもん
みてきた!
今日、映画ドラえもん『のび太と緑の巨人伝』を観てきた。

今回は事前の情報をほとんどなにも持っていない状態で観に行ったのだが、こういう仕上がりになっていたとは…

観ながら、
唸ったり、
舌を巻いたり、
苦笑したり…

予想以上に新鮮な気持ちで観られた。


細かい感想や、僕の気に入る気に入らないという観点はひとまず置いて、ああいう作品を作ったのはなかなかすごいことだなぁ、というのが簡単な今の気持ち。


詳しくはちょっとずつ語っていければいいな…
[PR]
by haschiken | 2008-03-14 00:00 | アニメドラえもん
チャップリンの映画をたっぷり

この3週間、毎週末に大阪ミナミは千日前の国際劇場へ、『チャップリン映画祭』を見に通っていた。

チャールズ・チャップリンの没後30周年を記念して、代表作を週替わりで一気に上映するというもの。
気づくのが遅くて、3週分しか見られなかったけれど、いやぁ〜おもしろかった。

「名作」と言われるものを映画館で見る経験、っていうのはなかなか貴重なので、機会があれば積極的に行くようにしているんだけど、1週間ごとにチャップリンの代表作を見られるなんてのは、ものすごい豪華。
ビデオソフトで見て知っている作品でも、やはり大きなスクリーンで見るとまた違った発見などがあり、あらためてすごさを実感。

3週間で見たのは、トーキーになって以降の『独裁者』、『殺人狂時代』、『ライムライト』に加えて、サイレント時代の中編が3つ。

More
[PR]
by haschiken | 2008-02-18 01:15 | 映画
映画『魔笛』
夕方に突然、
「映画でも見て帰るか」
という気分になり、『カッパのクゥと夏休み』と『魔笛』のどちらにするか迷った末、劇場へのアクセスのしやすさなどから『魔笛』を選択。

モーツアルトのオペラをケネス・ブラナーが完全映画化したという作品。
http://mateki.jp/

なんでも、原作オペラではどことも知れぬ不思議な世界だった物語の舞台を、斬新に第一次世界大戦の時代に置き換えて描いたという。
う~ん、どうだろう。
『魔笛』ってそもそもの台本がかなりあやふやで、第1幕と第2幕でストーリーが矛盾したりもしてるオペラなので、無理に具体的な舞台を設ける必要はないのでは? なんて思いながら、その程度の予備知識で見に行ってきた。

劇場に入った瞬間、
「あ、しまった!」
とちょっと幻滅。
歌詞がすべて英語になってる。
そうか~、イギリスの映画だもんな~。
でも、「伝統芸能」としてのオペラっていうのは、セリフの響きとメロディの調和まで含めてひとつの完成された作品だ、と思ってるからちょっと残念。やっぱり微妙に聞いたときの雰囲気が違ってくるんだよね。

以下、ちょっと詳しめの感想
[PR]
by haschiken | 2007-08-18 01:25 | 映画
   

非日常の楽しいことを求めて
by haschiken
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
> 検索
> 最新のトラックバック
大阪フィルハーモニー交響..
from オペラの夜
おめでとう!!藤子・F・..
from 藤子マニアのギター弾き
だい!ぜん!しゅう!
from TheSkyBeans
『藤子・F・不二雄大全集..
from はなバルーンblog
藤子・F・不二雄大全集 ..
from commonplace days
祝・藤子・F・不二雄大全..
from MiSTTiMES Blog
ネコでも分かる「新のび太..
from 壊れかけのAKi-Radio
藤子・F・不二雄大全集刊..
from 青い空はポケットの中に
で、結局『緑の巨人伝』は..
from Ashiko K Milk
映画ドラえもん『のび太と..
from 青い空はポケットの中に
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧